配偶者が浮気!浮気相手を潰す方法は?まずやるべきこと

浮気 バレる

浮気相手を潰す方法、知りたくありませんか?今回は、浮気相手を潰す方法についてまとめていきます。浮気相手を潰す、と一言でいっても、注意しなければいけないことを守らず感情で動いてしまうと、あなたが逆に訴えられてしまう可能性もあります。正式に浮気相手を潰すには、どうしたらいいのでしょうか。

 

夫・妻の浮気が発覚。その時どうする?

夫・妻が浮気をしていた。当然許せるものではありません。浮気相手はどんな人なのか、どのような経緯で浮気をしたのか、いつ浮気をしていたのか、怒りとも悲しみともとれない感情があふれだしてどうしたらいいのか分からなくなるでしょう。

 

こんな苦しい思いをさせた夫・妻、そして浮気相手に仕返しをしたい。自分が感じた苦しみと同じだけ、それ以上の苦しみを与えてやりたい。浮気相手を潰す方法を知りたい。そんなことを考えてしまうのも、無理もないことといえます。

 

配偶者の浮気に関連する記事はこちら

バレずに浮気を調査する方法とは?やり方とリスクを詳しく解説

旦那の浮気が発覚!離婚するorしない?する場合にやるべきこと

浮気調査の「成功」とは。成功率100%の探偵事務所は信頼できる?

 

配偶者の浮気相手を潰す方法はある?

配偶者の浮気相手を潰す方法を探す前に、まずは落ち着きましょう。深呼吸をして、あなたの感じている怒りや悲しみ、苦しみを一旦置いておくのです。難しいかもしれませんが、確実に浮気相手を潰すなら、まずはあなたが落ち着いていなければいけません。感情に振り回されていては、できる仕返しも失敗に終わってしまいます。

 

まずは落ち着いて、自分がどうしたいのかを考えてみてください。浮気相手を潰したい、という漠然とした復讐心だけではいけません。浮気相手にどのような仕返しをしたいのか、それはどのような方法を使えば叶えられるのか、具体的に考えるのです。ここからは、浮気相手を潰す方法を具体的にいくつかまとめていきます。注意点やおすすめの方法などを書きますので、まずは冷静になってどのような方法があるのかを知っていきましょう。

 

浮気相手への危険な仕返しとリスク

スマホ 女性

ここからは、浮気相手への仕返しの内、リスクの高いものを紹介していきます。ここで紹介する仕返しは、あなたの社会的信用を損ねてしまうものや、加害者・犯罪者ともなってしまうようなものです。思いついたりやりたいと思っても、一歩踏みとどまるために、どのようなリスクがあるのか先に知っておきましょう。

 

周囲に浮気の事実を言いふらす

浮気相手の職場、友人知人関係、実家、近所の住民などに浮気や不倫の事実を言いふらすことは、名誉棄損罪に問われる可能性があります。電話、手紙、直接訪問する、どの方法をとってしても同じことです。また、あなたが浮気の事実を伝えたことが原因で浮気相手が退職に追い込まれるようなことになれば、慰謝料を請求される可能性もあります。

 

浮気相手に直接危害を与える

自分にこんな苦しい思いをさせた浮気相手を一発殴ってやりたい。そんな感情が出てきてもおかしくはありません。しかし、実際に浮気相手に直接危害を与えると、傷害罪に問われる可能性があります。

 

また、「殴ってやる」などの言葉や文章を相手に言ったり送ったりすることもいけません。実際に浮気相手を殴るなどの行為をしていなくても、言葉や文章でほのめかすだけで脅迫罪に問われる可能性があるからです。

 

浮気相手の実名でSNSや掲示板へ書き込む

SNSの発展により、簡単にインターネットに情報を書き込めるようになりました。「裏垢」と呼ばれる、表向きには公言できないようなことを書き込む、専用のアカウントを使用している人も多くいます。浮気相手の実名をSNSに書き込むことは、たとえ裏垢であってもしてはいけないことです。プライバシーの侵害にあたり、逆に慰謝料を請求されてしまう可能性もあるからです。

 

SNSは匿名性の高いサービスです。しかし、近年はとくにSNS上で誹謗中傷があった場合、攻撃をした人の情報を特定しようとする人が現れたり、実際に特定されたりすることもあります。いくらハンドルネームを使いSNSをやっていたとしても、結局はあなたであることが分かり訴えられてしまうでしょう。浮気をした事実を書いているだけで誹謗中傷ではない、と感じるかもしれませんが、近年はプライバシーの問題が重要視されているため、あなたの分が悪いことは確かなのです。

 

浮気相手を潰す方法なら、正式な手段を検討しよう

ここまで、あなたにとって危険な仕返しの方法を紹介してきました。では、危険性を伴わない浮気相手を潰す手段はないのでしょうか。答えは、浮気相手を潰す正式な手段はあります。それは、浮気相手から慰謝料を請求するという方法です。お金という方法で浮気相手にダメージを与えれば、法律違反をしなくても確実に浮気相手に復讐できます。ではここからは、浮気相手を潰す正式な手段を紹介していきます。

 

1.浮気の証拠を掴む

まず、浮気の確実な証拠を掴む必要があります。これは、浮気や不倫をしたという事実から、言い逃れできなくするために必ず必要なものです。浮気や不倫の証拠とは、デートのレシートや路上でキスをする写真などでは足りません。浮気や不倫の「不貞行為」を証明できる情報が、証拠にあたります。

 

不貞行為とは、配偶者以外の人と性的関係を結ぶことをいいます。つまり、あなた以外の人とセックスをした記録が、本当に使える浮気や不倫の証拠となるのです。具体的にいうと、配偶者があなた以外の人とラブホテルに入る写真と出る写真が、浮気や不倫の決定的な証拠となります。

 

離婚裁判でも有効な浮気の証拠とは?こちらの記事をチェック

 

2.離婚・慰謝料裁判を行う

離婚するかしないかは、浮気や不倫をされたときのデリケートな問題です。浮気や不倫をされたとしても、さまざまな理由で離婚をしないカップルはたくさんいます。しかし、浮気相手に対して、慰謝料裁判を行い、慰謝料請求をするとき、離婚をしているのとしていないのとでは請求できる金額に大きな差が発生してしまいます。「浮気により良好だった夫婦関係が破綻した」ことに対する慰謝料ですから、離婚していた方が慰謝料は多く請求できるのです。

 

今回はいかにして「浮気相手を潰す」かというテーマであるため、「離婚した方が多く慰謝料を請求できる」ということをあえてお伝えします。しかし、離婚するかしないかは、慎重に考えるべき事柄です。

 

3.浮気相手から慰謝料をもらう

最後は、浮気相手から慰謝料をもらって、正式な仕返しが完了します。ここまでは、「浮気相手にのみ慰謝料を請求する」パターンを想定していましたが、実はこの他にも2つの慰謝料請求の方法があります。

 

まずは配偶者のみに慰謝料を請求する方法です。これは、あなたが配偶者と離婚することが前提であり、浮気相手を潰すことにはつながらないため、今回はあまりおすすめできません。続いて、配偶者と浮気相手両方に請求をする方法です。浮気や不倫の加害者は、浮気相手だけではなく、配偶者も該当します。ただしこれも、あなたが配偶者と離婚することが前提の請求方法です。この3パターンの中から、あなたが配偶者と離婚したいかどうかも考えつつ、冷静に裁判を進めましょう。

 

妻・夫の浮気に対する慰謝料請求については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

 

浮気相手に慰謝料を請求する流れ

法律

浮気相手に慰謝料請求をする場合の、全体の流れを紹介していきます。

 

  1. 内容証明で慰謝料請求をする
  2. 示談に向けて話し合う
  3. 裁判をする

 

まずは、浮気相手に内容証明郵便で慰謝料請求を行います。内容証明郵便とは、郵便局が郵便物の内容の記録をとり、内容を証明してくれるサービスのことです。内容証明郵便の中身にしたがって慰謝料を振り込んでくれればいいですが、そう上手くもいきません。示談に向けての話し合いをし、合意に至った場合は「誓約書」や「示談書」を作成します。内容証明郵便の受け取りを拒否したり、話し合いで合意に至らなかった場合、裁判という流れになります。

 

注意!浮気相手に慰謝料請求ができない場合も

記述したように、浮気や不倫の慰謝料は「もともと円満だった夫婦関係を破綻に導いた」ことに対する金銭的な保証です。夫婦関係が、浮気や不倫が起こる前から破綻していた場合は、慰謝料を請求することはできません。

 

また、配偶者が「結婚はしていない」という旨の嘘を付き、浮気相手がそれを信じていた場合も、慰謝料請求はできません。既婚者であることを知らなかったということは、不貞行為を働こうという意思がないこととなります。そのような場合は、配偶者に騙されていたことになり、浮気相手に責任は問えないのです。

 

浮気の証拠を掴めば社会的制裁を与えられる

浮気の決定的な証拠を掴めば、浮気相手に慰謝料という形で社会的制裁を与えられることが分かりました。それは、浮気相手だけでなく、配偶者に対しても同様です。もし、あなたが浮気や不倫の事実に耐えられず離婚という選択肢を選んだ場合、配偶者にも慰謝料請求を行うことができます。そのとき、浮気の決定的な証拠を掴んでいれば、スムーズに社会的制裁を与えることができるでしょう。

 

浮気調査ならアルシュ探偵事務所へ

浮気の決定的証拠を手に入れるなら、アルシュ探偵事務所へご相談ください。アルシュ探偵事務所は、全員が元刑事で構成されている探偵事務所です。元刑事の確かなカンと調査力で、浮気の決定的な証拠を写真に残します。

 

また、アルシュ探偵事務所では優秀な弁護士の紹介や連携も行っています。浮気の決定的な証拠を撮影するだけでなく、手厚いアフターフォローも行っております。

 

探偵による浮気調査ってどんなもの?詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

まとめ

浮気相手を潰すためには、正式な方法で社会的制裁を与えるべきです。いくら復讐したいからといって、あなたが不利になったり逆に訴えられてしまうような危ない橋を渡るべきではありません。何をすれば正式に浮気相手を潰せるのか、何をすればこちらの不利になるのか、まずはしっかりと知ることが必要でしょう。

 

アルシュ探偵事務所では、あなたの悩みを解決することを第一に、確かな調査力を持って浮気の事実を追います。浮気相手を潰したい、復讐したいとお考えであれば、ぜひ一度アルシュ探偵事務所にご相談ください。

 

アルシュ探偵事務所へのお問い合わせはこちらから

関連記事

  1. 浮気 夫婦
船橋本店
船橋市本町6-2-10-609
詳しくはこちら
千葉支店
千葉市中央区弁天1-15-3 B1F-13
詳しくはこちら
柏支店
柏市北柏1-5-3-401
詳しくはこちら
“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP