結婚前に探偵に調査を依頼すべきケースとは?わかることやリスクを解説

結婚 疑い

お付き合いをしている相手と結婚に向けて進み始めた時、素直に喜べない場合があります。それは、「結婚相手を信じてよいのか」という迷いや不安が原因ではないでしょうか。

実は相手のことをよく知らないのではないか、経歴や職業は本当なのか、何か心に引っかかっている不信感があるのかもしれません。

そのような時には、探偵に調査を依頼することができます。探偵による結婚前調査によって、婚約者の真実が暴かれたり、疑いは杞憂であったことがわかるでしょう。

 結婚前に探偵による調査を依頼すべきケースや、調査でわかることについて詳しく解説していきます。

 

探偵による調査に関連する記事はこちら

必見!結婚詐欺師の特徴と見分け方。被害者にならないための心得とは

探偵が行う「身辺調査」。依頼をする前にチェックすべきポイント

浮気調査を探偵に依頼したい!調査内容から費用相場まで解説

 

結婚相手の調査は探偵に依頼

それなりに長い期間、結婚を前提にお付き合いを続けてきたとしても、相手のことが全てわかったわけではありません。相手が隠している部分に「こんなことなら結婚しなければよかった」と後悔するような問題が潜んでいるかもしれないのです。

そこで、もし結婚前に婚約者について調べたいなら、探偵へ調査を依頼するとよいでしょう。結婚前調査では、結婚相手の「身辺調査」と「浮気調査」の2種類がよく行われます。どちらも結婚後を考えると重要な調査です。

身辺調査

結婚前に食事やデートで会っている時は、互いによく見せようと短所はできるだけ隠しているものです。ですから、当人同士の付き合いから知り得る情報は限られています。

そこで、会っていない時の相手の様子を調査、つまり素性調査や素行調査などの身辺調査を行えば、意外な一面を知ることになる可能性があるのです。

結婚生活に支障をきたすアルコール依存やギャンブル依存が発覚したり、結婚詐欺師だったことが判明したりするかもしれません。

浮気調査

稀に「私は浮気するからね」と、浮気癖を公表する人もいるかもしれません。しかし、ほとんどの場合、交際相手や配偶者に黙ってこっそりとバレないように浮気するものです。

もし結婚を前にして婚約者とは別に深い関係の相手がいるようなら、結婚後も浮気に悩まされることでしょう。知らされていない交友関係の中に、そのような交際相手がいるかもしれません。二股をかけたまま結婚された、というのもよくあるケースです。

結婚してから浮気が発覚して離婚するよりも、結婚前に調べておきたいところです。

結婚相手に二股をされていたケースとその暴き方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

結婚前に探偵による調査を行った方がいいケースとは?

近年、結婚相手との出会い方が多種多様になりました。「早く結婚できる」と謳う婚活サービス、オンラインで出会いを求めるマッチングアプリなど、効果的で効率的な婚活の場が求められています。

長い恋愛期間を経て結婚に至るというよりも、結婚を目的とした婚活が増える傾向にあり、出会ってから結婚するまでの交際期間は全体的に短くなっています。そのため、様々なトラブルも増えており、結婚前調査の必要性が高くなっているのが実情です。

結婚前に探偵による調査を行った方がいいケースを具体的にご紹介いたします。

入籍を何度も延期されている

「結婚しよう」と言いながらなかなか結婚しないパターンで、「来年の6月には結婚しよう」と言いつつ、その時期が迫ってくると、何かと理由を言って「年末にしよう」と延期するわけです。これには主に3つのパターンが考えられます。

1つ目は、「仕事の都合で…」とか「家族の都合で…」など、延期をする理由が真実の場合です。仕事上の問題や経済的問題、病気など健康問題も考えられます。

2つ目は、独身を装っているけれど実は既に結婚している場合です。結婚できると思わせておかないと関係が続かないと思い、独身と偽って結婚もちらつかせているわけです。

3つ目は、結婚詐欺師です。好条件の結婚話をエサに金銭を騙し取るタイミングを伺っているため、入籍を延期したがるという特徴があります。

真実はどこにあるのかを知るために、探偵に調査を依頼すべきでしょう。

現金で多額の金銭を要求される

結婚前に現金で多額の金銭を要求される場合は、まず結婚詐欺の疑いがあるでしょう。金銭を要求する理由は様々ですが、「仕事上で急に現金を用意しなければならなくなった」や「2人の将来のため、一緒に投資をしよう」などというものがよくある手口として知られています。

詐欺師でないなら通常は婚約者にそのような金銭の要求はしないものです。そのようなことで怪しまれたり、信用を失って婚約が破棄されたりするリスクを考えることでしょう。

結婚詐欺自体はインターネットがない時代から存在する詐欺の手口ですが、マッチングアプリなど、プロフィールを詐称しやすいオンラインサービスは、結婚詐欺師にとっても利用価値の高いサービスです。また、中にはオンライン上で完結する「国際ロマンス詐欺」の被害も報告されています。

そのようなわけで、多額の現金を貸してほしいと求められたり、1万円から投資してみないかと誘われたりするのは要注意です。探偵に調査を依頼しましょう。

結婚を約束しているのにプライベートを明かさない

結婚を約束しているのに、相手のプライベートがほとんどわからないというのは不自然です。そのようなことになる理由は3つ考えられます。

1つ目は、既に結婚しているが独身を装って浮気しているケースです。浮気相手が結婚願望をもつ独身なら、その関係を続けるために結婚していることを隠していることが考えられます。当然、住所や家族のことを話せません。

2つ目は、複数の相手に「結婚しよう」と気軽に言っているケースです。口説き文句の類で「結婚したいと思っているんだ」などと言うけれど、結婚を全く考えていないわけです。相手の結婚願望を逆手に取って、その関係を継続させたいだけであり、交際相手が複数いることが発覚するリスクを回避するため家族や友人を紹介したりしません。

3つ目は、やはり結婚詐欺の場合です。そのプロフィールが嘘で塗り固められているので、本当のプライベートを明かすことはありません。

通常の場合、婚約する段階までには家族に会わせたり友人を紹介したりするものです。プライベートを明かさないのは何かあると見て、探偵に調査を依頼すべきでしょう。

経歴や職業に矛盾を感じることがある

学歴が高い人と話していると、その知性の高さを感じるものです。誰も知らないようなことをよく知っていたり、学術的なことに詳しかったりと、会話の端端で賢さが自然に感じられるでしょう。

また、職歴や現在の職業ならではの専門的知識があるものです。たとえば大学教授なら、その専門分野に誰よりも詳しいのは当然です。

そのため、もし経歴や職業を偽っていると「あれ?」と思わざるを得ない場面に出くわします。

結婚相手が高学歴なのに、中学校で習うような英単語や漢字が読めなかったり、職業柄知っているはずの知識がほとんど間違っていたりして違和感を感じるなら、探偵に調査を依頼すべきです。

結婚前の探偵による調査でわかること

結婚詐欺

ここまでご紹介したケースに当てはまったり、心当たりがある方は、探偵の調査を検討してみましょう。

探偵による結婚前調査でわかることは大まかに以下の3つが挙げられます。

  1. 本名などの素性
  2. 交友関係・恋人関係
  3. 借金の有無や犯罪歴

一つずつ、詳しく解説いたします。

1.本名などの素性

素性とは住所・氏名・年齢・家柄(一般サラリーマン家庭の○○家、三男として○○年に誕生)など、その人物がどこの誰なのか、どのような境遇で育った人なのかという基本情報です。これは探偵が行う身辺調査で明らかになります。

結婚前調査では一応確認しておくべき基本情報ですが、時に身辺調査だけで「実は結婚詐欺師だった」などの重大な事実を明らかにしてくれます。既婚者であることを隠している場合も、結婚詐欺師の場合も、人としての基本情報を偽ることで、身元がバレないようにしているからです。

自称している本名や居住地を鵜呑みにせず、まず素性を調べるべきでしょう。

2.交友関係・恋人関係

探偵が行う結婚前調査では、結婚相手の素行調査が行われるのが一般的です。素行調査は、朝何時ころに起きて職場には何時に出勤、仕事を終えてからはどのような行動をとって何時ごろ帰宅するなど、普段の生活がどのようなものかを調べます。

そして、そこからどのような交友関係があるのか、他の人と恋愛関係になっていないかなどが判明するのです。さらに、その交友関係を1人ずつ調査することも可能で、反社会的勢力との関わりなどもわかります。

また、婚約者の前では見せないけれど、親しい友人の前では見せる態度や行動も明らかになります。この調査を行えば、婚約者の意外な一面がわかるだけでなく、浮気の有無もチェックすることができます。

3.借金の有無や犯罪歴

結婚すれば、そこから新たな生活が始まります。最初から夫婦生活が困難になるような問題を抱えてしまうようでは、幸せな結婚とは言えません。

たとえば、結婚相手が返済不能なほどの借金を抱えているなら、結婚後にいきなり経済的な困難に見舞われます。浪費癖があり借金が増える一方だという人も存在するわけで、そうした相手とは知らずに結婚すると、お金の苦労が絶えません。ですから結婚前に調査しておきたい項目です。

また、犯罪歴に関しても気になるところではあります。もしかしたら、児童虐待や暴行傷害、結婚詐欺などの前歴がありながらそれを隠して結婚しようとしているかもしれません。

さらに、借金や犯罪歴以外にも、アルコール依存やギャンブル依存など、結婚生活に支障をきたすような私生活の問題も探偵の調査で明らかになるでしょう。

結婚前の身辺調査でわかる内容に関してはこちらの記事でも詳しく解説しています。

 

結婚前の身辺調査にはリスクも

結婚前の調査を本格的に検討するにあたって、「探偵事務所ならどこでもいい」「自分で調査をすれば安上がりなのでは?」と考えてしまう方がいるかもしれませんが、それは危険です。

万が一悪質な探偵事務所に依頼してしまったり、素人が調査をして身辺を探ろうとしていることが相手にバレてしまったら、次のようなリスクがあるためです。

関係の悪化

結婚相手に対して“調査を行った側”と“調査された側”では、ずいぶんと思いが異なります。

もし心配や不安をそのままにしてずるずると結婚してしまったら、そのことで一生後悔するかもしれません。ですから、結婚前に調査をするのは、安心して結婚するためであり、その結果、信頼できる人物であることがわかれば、その時こそ結婚相手を信用すべきだと考えられます。

しかし、調査された側から見れば、そもそも誰かにいろいろ調べられるのは気持ち悪い話です。さらに、「信用されていなかった」と感じ、どのような正当な理由があろうとも気分的に受け入れ難いことでしょう。

このように、互いに歩み寄ることが難しいほどに関係が悪化する可能性があります。

婚約の破棄

一旦関係が悪化しても日が経つとともに気分も収まり、また結婚に向けて歩んでいけるなら問題はありません。数年後には「結婚前にはあんなこともあった」と、単なる話のネタになっていることでしょう。

しかし、関係の悪化が決定的な結果へとつながる場合もあります。それが婚約の破棄です。

「信用できないなら結婚しなければよいではないか。」という考え、あれこれ調べられたことによる不愉快さなどから、結婚を取りやめるという結論に至るわけです。

万が一、結婚相手に何も問題がなく、本当に良い人物であった場合、不完全な調査行為によって大切な人生のパートナーを失ってしまうことになります。

結婚費用の請求

先述のように婚約を破棄した場合、既に結納が交わされていたり結婚式場の予約をしていたりする場合があります。当然、結婚を取りやめるのですから、これらが問題になってくるわけです。

そこで、婚約破棄の原因となったものが何なのかが争点となってくるのですが、身辺調査を行ったことが原因で、結婚に必要な愛情や信頼が失われたと主張される可能性があります。

そうなると、結婚に向けて支払った費用を請求されたり、結婚式場のキャンセル料の支払いを求められたりするでしょう。

実績のある探偵に依頼すれば安心!

探偵 イメージ

探偵に婚約者の身辺調査を依頼したところ、「調査がバレてしまって大問題になった」などということになれば大変です。そのためには、調査料金の高い安いだけでなく、信頼できる探偵事務所に依頼すべきでしょう。

ここからは、結婚前の調査を安心して依頼できる探偵を選ぶコツをご紹介していきます。

まず、探偵を選ぶなら、依頼を受けた調査を遂行する技術の高さや実績に注目すべきです。それから、依頼者の想いを大切にした調査活動をしてくれる探偵が頼りになります。

そこで次のような項目をチェックしてみてください。

結婚前調査の実績がある

探偵は様々な種類の調査を請け負います。その調査範囲は浮気調査や行方調査、ストーカー対策と多岐に渡ります。

それぞれの調査に共通するノウハウもありますが、その調査の種類ごとに違った技術もあります。ですから、探偵事務所がその分野の調査を得意としているか、つまり結婚前調査の成功実績があるかどうかが重要なのです。

結婚前調査に熟練している探偵なら、相談や調査依頼する段階で、「婚約者のどういったところが不安なのか」を聞き取り、何を調査すべきか、その調査内容を決定する上でのアドバイスもしてくれるでしょう。また、的確な調査計画を策定し、その実行力にも期待が持てます。

調査の中間報告を行ってくれる

自分で結婚前調査を行うのは、ほぼ不可能と言ってよいでしょう。体力的負担や精神的負担だけでなく技術的な難易度の高さが、素人の手には負えないわけです。

費用はかかりますが、探偵に依頼すればそうした負担や困難を背負うことなく結果を待つだけになります。ただ待つだけでよいのですから、自分で行うよりもはるかに楽です。

しかし、「調査の方はどうなっているだろうか…」とか「何かわかったことがあるのだろうか」など、その進捗状況が気になって落ち着かないのは当然のことです。

そうした依頼者の気持ちを大事にする探偵事務所は、中間報告を随時行ってくれます。中間報告ができる探偵事務所ということは、調査能力に自信がある探偵事務所であると言えます。

裁判を見据えた調査をしてくれる

依頼者が探偵に調査を依頼すると、最終的に得られるものは、その調査を行った結果です。それを調査結果報告書という書面で受け取ります。

優れた調査結果報告書は裁判において証拠能力を発揮するものです。そのためには、調査段階から裁判を見据えた調査を行う必要があります。

結婚前調査を行った結果、とても結婚できる相手ではないと判断される時、その判断を巡って裁判となる可能性もあり、その際には探偵が掴んだ証拠が決め手となるケースもあるのです。

依頼者の想いを大切にする探偵ならば、調査完了後のことも考慮に入れた調査を行います。

結婚前の調査なら総合探偵事務所アルシュへ

結婚前調査なら、あらゆる調査実績の豊富な総合探偵事務所アルシュにお任せください。

結婚を前に婚約者への疑問や不信感があるなら真実を知っておきたいと、結婚前調査のご依頼が増えております。ギャンブル依存やアルコール依存、浮気性などを始め、勤務先や学歴などのプロフィールが怪しいといった気になる点があれば、結婚後に後悔する前に、アルシュへのご相談をおすすめいたします。

総合探偵事務所アルシュは、調査員が全員がベテランの元刑事で構成されている探偵事務所です。その調査力には高い評価をいただいており、裁判を見据えた質の高い調査結果をご提供してきた実績があります。

総合探偵事務所アルシュはその調査力の高さから、中間報告も徹底して実施いたします。ご依頼主様のお悩み解決を第一にしておりますので、ご相談、お見積もりは無料です。

まとめ

相手への不信感が拭えないまま結婚すると後悔するかもしれません。この記事でご紹介してきたケースに当てはまるのであれば、探偵に結婚前調査を依頼すべきでしょう。

探偵による結婚前調査では、相手の素性や交友関係・異性関係など様々なことが判明します。しかし、その調査が相手にバレてしまうと破談などのトラブルになるリスクがありますので、信頼できる探偵に依頼しましょう。

結婚前調査を依頼できる探偵事務所をお探しなら、ぜひ総合探偵事務所アルシュにご相談ください。

総合探偵事務所アルシュへのお問い合わせはこちらから

関連記事

  1. 探偵 費用
船橋本店
船橋市本町6-2-10-609
詳しくはこちら
千葉支店
千葉市中央区弁天1-15-3 B1F-13
詳しくはこちら
柏支店
柏市北柏1-5-3-401
詳しくはこちら
“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP