意外と知らない探偵事務所の調査料金とは?目的別の費用目安もご紹介

探偵 料金

 今までは何事もなかったとしても、今後の暮らしの中で、

「配偶者が浮気している」

「家族の誰かが家出をしてしまった」

「ストーカーに狙われている」など、

思わぬ事態になってしまう可能性は誰にでもあります。

その時には、「探偵事務所に調査を依頼すれば何とかなりそうだ」と思いつくかもしれません。しかし、その料金がいくらかかるのか全く見当もつかないようでは、探偵事務所に問い合わせることも少し躊躇してしまいそうです。

 

この記事では、探偵事務所に依頼できる調査とその料金について詳しく解説いたします。

 

探偵事務所に調査を依頼すると、いくらくらいかかる?

探偵に調査を依頼するとき、たとえばレストランのメニューのように、「何の値段はいくら」と定まった値段表があれば、わかりやすくてよいのですが、実際はそうではありません。料金プランなどの大まかなメニューはあっても、調査自体に定まった金額はありません。

実際の金額は、調査の難易度や調査時間、かかった経費などで大きく変わります。しかし、料金がどのように算出されるのかを理解しておけば、その探偵事務所が提示した調査費用が妥当かどうかを判断できるようになります。

 

探偵に依頼できる主な調査一覧

探偵に依頼すればどのような調査をやってもらえるのでしょうか。主な調査を紹介しましょう。

■浮気調査

浮気は家族にバレないように密かに行われるため、その実態を明らかにし、証拠を押さえる目的で行われる調査です。

 

■行動調査

調査対象の人物が、どのような暮らし方をしているのか、または問題ある行動をしていないかを調査します。

 

■行方不明調査

いわゆる人探しです。失踪した人の行方をつきとめること、所在がわからない人の所在地を調べることが調査目的です。

 

■盗聴器調査

盗聴器の発見。必要があれば、盗聴器除去後の調査を行います。

 

■いじめ・痴漢・いやがらせの調査

近隣トラブルや、職場や学校でのいじめや嫌がらせなどの調査です。証拠収集や防止策のアドバイスを行います。

 

■ストーカー対策

ストーカー被害の実態を明らかにし、警察が捜査を開始できるよう、そのストーカー行為に関する情報や証拠を収集します。

 

■法人調査

調査対象の会社の経営状態や会社役員の評判などを調査します。

 

■反社会団体との関係

調査対象の人物や会社について、反社会団体との関わりを調査します。

 

探偵事務所の料金体系は主に3種類

数ある探偵事務所がそれぞれに料金プランを打ち出していますが、それらは主に以下の3種類に分かれます。

  1. 時間料金型
  2. パック料金型
  3. 成功報酬型

 

探偵に調査を依頼する時には、その特徴をよく理解して、調査内容に合った料金プランを選ぶとよいでしょう。

それぞれの料金体系について詳しく解説していきます。

 

1.時間料金型

これは、最も基本的な料金体系で、実際にかかった調査時間に対して料金が発生するタイプです。調査員1人分、1時間あたりの料金が決まっていて、調査員の数と調査にかかった時間が乗算されます。

この料金体系では、短時間で終わる調査なら安く、時間がかかるほど高くなるわけです。ですから、調査が早く終わるならお得になります。

このように時間ごとの料金は、「調査基本料金」と呼称される場合もあります。基本料金の内訳に関しては後ほど詳しく解説いたします。

 

2.パック料金型

時間料金型を数時間から数十時間をパックにして、少し値引きをしている料金体系です。8時間をパックにしていたり、30時間をパックにしていたりと、探偵事務所によってその時間は違います。また、諸経費も込みの料金として打ち出している場合が多いです。

もし、そのパックの時間丁度で調査が完了するなら、時間料金型と比べてお得になります。しかし、30時間のパックを申し込んだけれど、調査が10時間で完了した場合には、かなり割高になるので要注意です。

長時間の調査が必須という場合に利用するとよいでしょう。

 

3.成功報酬型

調査に失敗した場合には、依頼者は何も得るものがありません。通常は、それでも料金を支払わねばならないので、依頼人としては損をした気分になってしまうのは事実です。

しかし、成功した時のみ料金を支払うという契約ならどうでしょう。それは依頼者にとって納得しやすい契約に違いありません。

成功報酬型は、まさにそのような料金プランで、調査の金額を事前に決めておいて、成功した場合にのみ支払うという取り決めなのです。

しかし、これは探偵事務所側にとって、赤字になるリスクがあります。そこで、すこし高めの料金設定にするか、成功失敗に関わらず発生する着手金と成功報酬の組み合わせにしているところが多いです。

探偵事務所の料金システムを解説

探偵事務所それぞれに、さまざまな料金プランを打ち出していますが、基本的には調査にかかるコストが調査費用算出の根本にあります。その金額の算出方法を、最も依頼が多い浮気調査を例にあげて解説しましょう。

浮気調査で最も基本的な料金体系は時間料金型です。探偵事務所によって多少の違いはありますが、概ね調査にかかるコストがストレートに反映された料金プランと言えます。ですから、探偵事務所の料金システムを理解する上で最も参考になるものです。

そして、その金額は、調査員にかかる費用としての「基本調査料金」と、調査に付随して必要となる「諸経費」で構成されます。

 

「基本調査料金」の内訳

探偵が調査を実施する上で最も大きなコストは調査員の人件費です。そこで調査料金を算出する上で、調査員1名が1時間の調査にあたる料金が設定されます。

そして、浮気調査の場合は

[調査員1人1時間の料金]×調査員の数×調査時間

 

このような計算式で調査料金のベースとなる基本調査料金が算出されるのです。

調査員1名1時間の料金は探偵事務所によって差が大きく5,000円〜12,500円ですが、車両費を無料にしている探偵事務所は10,000円〜12,500円と高めの設定になっています。

総じて7,500円〜10,000円あたりが平均的なところと考えてよいでしょう。そして、調査に当たるのはだいたい2名の調査員ですから、2名分の金額で1時間あたり15,000円〜20,000円となります。

 

基本調査料金にプラスされる「諸経費」とは

調査員の人件費をまかなえれば調査が可能かというと、そう単純にはいきません。尾行する際には、車を使用したり電車・バスに乗ったり撮影したりと、高速代やガソリン代を含む交通費、車両や機材が必要です。そのコストは諸経費という形で調査料金に加わります。

また、浮気カップルがテーマパークに入場すると、それに追従するのに入場券が必要だったり、証拠写真撮影のため、浮気現場でホテルの利用客となって張り込んだりする場合もホテル代が必要です。また、浮気旅行を尾行する場合も何かと費用がかかります。

浮気調査を実施するには、その状況に伴って経費がかかるということは理解しておきましょう。

 

探偵事務所の調査料金が案件によって変動する理由

調査内容は、案件によって大きく異なります。

たとえば浮気調査で尾行する場合についても、大きな違いがあり同じものはありません。残業と称して仕事帰りに浮気相手と不貞行為をしてから帰宅するなら、会社から数時間の尾行です。遠方の浮気相手との密会なら、長距離で長時間となるでしょう。

それに、毎週のように会っている場合と、数か月に一度会っている場合では、証拠を入手するチャンスの多さが格段に変わります。また、浮気を疑われていると自覚している場合は、より強く警戒しているので、証拠をつかみにくい状況です。

このように、その浮気の状況の違いが、難易度の違いや調査にかかる時間の違いとなります。そして、それは料金が大きく変わる理由となるわけです。

それに加えて、どのような目的で調査をするのかによって、出すべき調査結果の内容が変わるので、それも調査料金に大きく影響するでしょう。

 

条件・目的別に料金の目安をご紹介

料金

浮気調査を行う目的は何か、調査で得た結果を何に活用したいのか、そのようなことから「どこまでの調査が必要か」が決まります。つまり、調査の量や調査結果の質がどこまで求められるのか、案件によって違うということです。

そして、それにしたがって実際の調査時間や調査の難易度が変わります。当然のことながら、調査料金もそれに伴って増減するわけです。しかも、かなり大きな金額の違いになります。

そこで、浮気調査を行う目的の違いによってどれくらいの金額になるのか、目安となる3つのパターンをご紹介しましょう。

 

その1.浮気の事実を裏付ける証拠が欲しい

もし浮気をしているかどうか、話し合いではっきりさせようとするなら、ほぼ失敗に終わるでしょう。隠してきた浮気を、その程度のことで認める人はほとんどいません。むしろ、よりいっそう警戒して証拠を隠蔽したり、話し合いがこじれて感情的になったりして、事態は悪化しがちです。

ですから、話し合うよりも先に決定的な証拠をつかんでおきたいわけです。つまり、「浮気している、していない」の水掛け論にならないよう、証拠をもって浮気を認めさせることが重要なのです。

その場合、とにかく浮気を立証できる証拠が1つでもあればよいことになります。その費用は、浮気調査が順当に行けば、1回〜2回の調査で10万円〜20万円ほどになりそうです。

 

その2.配偶者に慰謝料請求をしたい

浮気は1度の不貞行為でも成立します。自らの意思で配偶者以外の人物と不貞行為をしたなら、その回数は関係ありません。

しかし、慰謝料の金額となると事情が違います。

「その日だけ、お酒に酔った勢いでついやってしまいました。後にも先にもその1回だけです。反省しています。」となると、慰謝料の金額はかなり低そうです。

慰謝料を請求するなら、その浮気は継続して行われていたこと、夫婦関係に影響が大きいことを示して、その金額が少しでも高くなるようにしたい、と思うのは当然です。

そうすると、不貞行為の証拠を何度もつかむ必要があり、調査の回数も増えます。その費用は最低でも30万円から40万円以上は見ておきたいところです。

 

その3.浮気相手にも慰謝料請求をしたい

浮気の被害者としては、自身に精神的苦痛を与えた配偶者の浮気相手にこそ慰謝料を請求したいところでしょう。

しかし、配偶者が浮気を認めていても、「浮気相手が誰なのかを決して言わない」という事態はありがちなことで、そうなると浮気相手への慰謝料請求は実質的に不可能になります。

そのため、浮気相手がどこの誰なのかを含めて、浮気調査で明らかにするなら、さらに調査をする必要が出てきます。そうすると、その調査費用は少なくとも50万円、またはそれ以上かかるでしょう。

 

探偵による浮気調査の精度についてはこちらの記事でも詳しく解説しております。

 

少しでも安い料金で調査を行ってもらう方法はある?

浮気調査の料金は決して安いものではありません。料金体系をよく理解して、できるだけ安くなるような料金プランを選ぶことが大切です。

ただ、いくら上手く料金プランを選んでも、際限なく何度も調査を繰り返しているようでは、料金もどんどん高額になることでしょう。

少しでも調査費用を抑えて探偵に依頼をするためのヒントをお教えいたします。

 

効率的な調査ができる証拠を掴んでから依頼する

毎日会って浮気をしているカップルもいるでしょう。しかし、ほとんどの場合、そんなに会えるチャンスがないのが普通です。ですから、週に一度とか月に一度とか、限られた時間で浮気しているパターンが多いと考えられます。

その理由は、家族にバレないようにしているからです。そのために、残業だとか出張だとか、同窓会があるとか、家族に対して何か上手い理由を作って浮気の時間を確保しているので、それほど自由には会えません。

逆に浮気調査する側から見れば、それこそが狙い目となります。自家用車にGPSを仕掛けておいて、どんな理由で家を空けた時には、どの辺りのラブホテルに行っているのかなど、行動パターンを知ってから、浮気の可能性の高い日時を狙って探偵に調査を依頼すると、短時間の調査で済むでしょう。

そのような効率化で料金を安く抑えることが出来ます。

 

「お試し調査プラン」を利用してみる

探偵の調査力。実際のところ、これがわかりにくいのです。料金は予め見当がつきますが、この調査力については「やってみなければわからない」という側面があります。

そもそも調査すべき案件は、浮気調査や行動調査、行方調査などさまざまな種類があり、それぞれに同じものはありません。調査の内容も難易度も違います。そして、調査員は人間ですから、得意なことや苦手なこともあるでしょう。簡単に判断できないわけです。

そこで、探偵事務所によっては「当社の実力を知ってもらう」ことを目的に、お試し調査プランを用意しています。「お試し」というだけあって、初回限定ではありますが、料金が格安に設定されているものがほとんどです。

そして、まず最初にこのお試し調査プランを利用することで、調査費用を安くできるでしょう。

料金以外で、探偵に浮気調査を依頼する前に知っておきたいことはこちらの記事で詳しく紹介しています。

 

アルシュ探偵事務所のお試しプランがおすすめ

探偵

お試し調査プランには、探偵各社がさまざまなものを用意しています。お試し用の格安プランということもあって、調査時間が限られていたり、調査方法を限定していたりするものが多いのです。

もし、尾行調査だけや張り込み調査だけのお試し調査では、その探偵の調査力を総合的に計れないという側面が気になります。

また、たとえお試し調査であっても、調査方法を限定しなければ、その調査でよい結果が得られる可能性もあるので、その点にも期待したいところです。

アルシュ探偵事務所のお試しプランは、本調査と変わらない内容とクオリティーで3時間の調査を行います。さらに、追加料金を支払えば延長も可能です。

料金も格安の設定ですので、探偵へ浮気調査の依頼を検討中ならおすすめのプランです。

 

アルシュ探偵事務所の強み

アルシュ探偵事務所の調査員は、全員が第一線で技術を磨いたベテランの元刑事です。

刑事としての経験がある調査員による捜査技術が、さまざまな調査に活かされることで、高い調査力を実現しています。

また、調査状況が気になる方には即座に報告できる体制が整っており、現在調査中の進捗状況もリアルタイムでお知らせできます。「調査はどうなってる?」と不安になることはありません。

さらに、調査後の裁判や交渉の準備など、アフターフォローも充実しています。

 

料金プラン

アルシュ探偵事務所の調査料金プランをご紹介しましょう。

 

■浮気調査

・基本料金

時間料金型の料金プラン

1時間:調査員1名につき6,500円(税込7,150円)

 

・パック料金

8時間パック:調査員1名につき50,000円(税込55,000円)

 

・浮気の証拠を撮るまで探偵さんにお任せパック

弁護士と連携して裁判に勝てる証拠がそろうまで、最初に決めた金額で調査を続けるプラン

料金は契約時に案件により設定(追加料金なし)

 

・お試し調査プラン

これが、先ほど紹介したおすすめの初回限定格安プラン

1日限りで3時間以内の調査

調査員1名:9,800円(税込10,780円)

調査員2名:18,900円(税込20,790円)

 

■行動調査

時間料金型の料金プラン

1時間:調査員1名につき6,500円(税込7,150円)

 

■行方不明調査

調査期間は1か月程度:300,000円~(税込330,000円~)

 

■盗聴器調査

・個人宅

1ルーム:13,000円(税込14,300円)

4LDKまで:30,000円(税込33,000円)

その他:40,000円(税込44,000円)

盗聴器発見 & ストーカー調査サービス:100,000円(税込110,000円)

 

・店舗、オフィス等

~100㎡まで:120,000円(税込132,000円)

~150㎡まで:150,000円(税込165,000円)

 

アルシュ探偵事務所の調査プランと料金について詳しくはこちら

 

まとめ

探偵事務所の料金体系は主に3種類に分けられます。

それは、時間料金型、パック料金型、成功報酬型の3種類で、それぞれに特徴がありますが、特に時間料金型は探偵の基本的な料金システムです。これを理解すると、探偵の調査料金についておおよその目安を知ることができます。

その料金は、時間単位の基本調査料金と諸経費に分けられ、調査員の人件費と調査時間に基づいて算出される金額です。調査はその目標とするところによって調査時間が短かったり長かったりするので、それに比例して料金は変わります。

その料金を安くするためには、情報を駆使した効率のよい調査を行うことと、お試し調査プランを利用することをおすすめします。

 

 浮気調査に限らず、あらゆる調査に関するお悩みなら、千葉県船橋市の総合探偵社アルシュ探偵事務所にご相談ください。

アルシュ探偵事務所なら、元刑事の調査官が優れた調査力を生かし、裁判や調停で有効な証拠集めと報告書作成を行います。

初めてのご依頼、不安なことが多いかもしれませんが、安心してお任せください。

アルシュ探偵事務所ではご依頼主の問題、お悩みの解決を一番に考え、調査いたします。

 

アルシュ探偵事務所へ、まずは無料相談

関連記事

船橋本店
船橋市本町6-2-10-609
詳しくはこちら
千葉支店
千葉市中央区弁天1-15-3 B1F-13
詳しくはこちら
柏支店
柏市北柏1-5-3-401
詳しくはこちら
“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP