キャバクラ大好き男の心理状態、夫のキャバクラ通いをやめさせる方法はあるのか?

キャバクラと聞くと、何となくのイメージとしては、銀座というよりは、新宿や六本木、池袋、新宿、渋谷といったような街が思い浮かぶのはもちろん、接待などで多く利用されているイメージが強く、女性と深夜までお酒を飲める夜のお店と感じている人も少なくないのではないでしょうか?

従業員の女性たちは、「キャスト」なんていう風に呼ばれていたり、そのキャストの女性たちは接客のプロフィッショナルという事で、一度お店に行ってしまえば華やかな女性たちがたくさんいる場所で、心地よく過ごすためにプロの女性たちがもてなしてくれるのですね。しかし。ここまでで考えると「浮気」という訳では無いのですが、奥様達から考えてみると夫が頻繁にキャバクラに通っているのであれば、心地よく過ごしている妻なんかはいないのですね。出来る事であればキャバクラ通いを辞めさせたいというのが本音ではないでしょうか?そういった方の為にここではキャバクラ通いを辞めさせる方法を紹介させていただきますね。

そういった場所に出入りすることで、浮気相手に出会ってしまう可能性が出てくるので早期にキャバクラ通いはやめさせた方がいいのです。

キャバクラ通いの心理状態

なぜ、男性はキャバクラに行くのでしょうか?という事についてから考える必要があるかもしれないですね。

妻から見てみれば、どこの人かもわからない女性とお酒を飲んで・・・「一体・・・・何が楽しいのさ」という話で全くもって理解できない話では無いでしょか?そんなお金があるのなら生活費にもっと回してほしいし、プレゼントの一つでも私に買ってきなさいよ!と感じたり家で家事の一つでもやってもらいたいと思うのではないでしょうか?

おもきって「キャバクラ行くのやめなさいよ!」とキャバクラに行くこと自体を完全に否定してみても、キャバクラ通いを辞めさせることなんかは・・残念ながらできないのですね。なぜキャバクラに行きたいのか?sの心理を知ってから対策することが大切なのですね。

キャバクラ心理~その1~誰かに話を聞いてほしい?

誰にでもあることでは?誰だって自分の話をたくさん聞いてほしいという願望があったり、自分が興味を持っていることを話したい!と思っているのではないでしょうか?男性に限った話では無く女性でもそういった気持ちを持っている人は少なくないので「誰かに話を聞いてもらいたい」というのは自然な話なのですね。皆さんにも経験があると思いますが、話していても話がかみ合わない人とどんなに話をしていても退屈ではありますが、趣味であったり趣向や何かしらの共通点を持っている人と話をしている時の方が誰だって楽しいと感じるし、なにより心地よいことなのでないでしょうか?もちろん夫婦だからと言って必ずしも話が合うという訳では無く、次第に何となく夫の興味がなくなったという人も少なくないのではないでしょか?そういった面で考えるとキャバクラのキャストの女性たちは、飲みに来た人「お客様」の話を聞くことが仕事なわけで、心地よく話を聞いてくれる女性がお店に行けばたくさんいるので気を遣わずに気持ちよく話をすることが出来すのですね。

自分の話の出来る空間を求めてキャバクラに通っている人は少なくないのです。

キャバクラ心理~その2~沢山褒めてほしい

誰かに褒めてもらうと何歳になってもうれしいものですよね。誰かに自分を受け入れてほしい、肯定してほしい、そういった一つの承認欲求を誰しもが持っているのですね。子供の時に沢山褒められてきた人ほど大人になっても褒められたいと思っている人も多いのですが、実際は大人になって働き始めたりすると誰かに褒められたりするのはほとんどないのですね。自分の心を褒められることで「認められている」「僕は頑張った」と自尊心を満たしたくなるのです。キャバクラに行けばキャストの女性たちからはとりあえず無条件で褒めてもらえるわけですね。みんなが嫌がる自慢話をしたとしても嫌な顔をするような人も少ないでしょうし、普段の生活の中で自分自身が満たされていないと感じていたり、他人から尊重されていないと感じている人ほどキャバクラに通っている人が少なくありません。

キャバクラ心理~その3~女性と仲良くなりたい

キャバクラにしっかりはまっている人の多くは、キャバクラで働く女性を口説くことや、男女の関係として仲良くなることを目的としている人が、かなりの確率でいるのです。そういった人たちからすると妻や彼女とはまた別で、キャバクラで恋愛をしようと一生懸命ゲームとして楽しめる場所で、もしも成功すれば・・・・と浮気をしたいという願望を簡単に満たしてくれる場所なのですね。こういったタイプの男性の場合基本的には本気の恋愛で口説いているのではなく、そういった恋愛のプロセスをゲーム的に楽しんでいる人が多いのですが、もしそのアプローチにキャバクラの女性が負けてしまえば浮気が始まってしまうので妻や彼女からしてみたら心配ですね。

キャバクラにハマってしまう男性の特徴

ここからは、今まで話したことを踏まえてキャバクラにハマりやすい男性について話しますね。もしも皆さんのご主人が今から話すタイプに入るようであれば要注意!早めの対策が必要になるので、しっかり対処しなければならないのですね。

特徴~その1~自分に自信のない人

キャバクラに行けばキャストの女性たちが沢山褒めてくれるのですね。それと同時に褒められるという事は自分自身が誰かに認められたという場所でもあるのです。そういった場所であるので、普段の生活の中で誰かに褒められることが少なく、劣等感を持っていて自分に自信のない男性は、承認欲求が満たされるキャバクラに足しげく通うようになってしまい最終的にはキャバクラを我慢できないほどキャバクラにハマってしまうのですね。

特徴~その2~寂しがりやの人

寂しがり屋の人、もうこれは文字通りといってもいいでしょう。大きな特徴なのですね。そんなに仕事や生活で成功していても社会的にいい立場にいたとしても、金銭的に余裕があっても誰かに甘えたい・・・という気持ちを持っていたりするものです。特に女性よりも男性の場合、プライドが高く甘えたいという欲求があったとしても、世間体が邪魔をしてなかなか甘えることが出来なったりするのですね。しかも自分のそういった弱い部分を妻にも彼女にも見せたくないという人は多いもので、そうなると女性にたくさん甘えられる場所としてキャバクラに行けばプロのキャスト達が寂しい気持ちを紛らわしてくれたり、たくさん甘えさせてくれたりという事が思う存分出来るわけです。

こういった寂しい気持ちの強い人ほど、それを解消するのにキャバクラに通い続けてしまうのですね。

特徴~その3~浪費家の人

キャバクラと言えば・・近所の定食屋という訳にはいかないのですね。お店に行けばかなりのお金を浪費しなければならず、キャバクラでお金を使えば使うほどスタッフやキャストが場面を盛り上げてくれるのですね。他人を喜ばせるためにお金を使いがちの人であったり、何かしらで浪費癖のある人にとっては自分がお金を使う事で盛り上げているという快感を味わいたくなってキャバクラに通ってしまう傾向が強いのです。

キャバクラで沢山お金を使えるという事は、それだけ収入のある男だ!という事を多くの女性たちにアピールできる場所でもあるので自分が見栄を張るために浪費をするという人にとってはキャバクラにハマりやすい条件となるのですね。

キャバクラは浮気になるの?

永遠のテーマでもある「どこからが浮気?」という問題ではありますが、その境界線は人それぞれであるところではありますが、あくまでもここでは法律的な観点からキャバクラ通いが浮気になるの?という事について話します。法律上で考えるならば、浮気=不貞行為のことであって、不貞行為の成立要件の一つとしてよく言われるのが「配偶者以外の人との性交渉があること」と言われるのですね。キャバクラは「デリヘル」「ピンサロ」等の風俗店とは違い性的なサービスがないので、単にキャバクラに通い詰めているだけでは不貞行為にはならないのですね。

キャバクラ通いからの浮気は?

キャバクラに通っていれば浮気になるのか?その可能性はどのくらいあるのでしょうか?先ほども話した通り法律的に言ってみれば浮気を成立させるためには女性との性交渉がなければならないのですね。となるとキャバクラで働く女性と肉体関係がある!というその証拠を入手することが出来れば、浮気の事実特定することが出来て、夫や浮気相手となるキャバクラの女性に対して損害賠償請求が出来るようになるのです。ご主人がキャバクラに通い詰めていることに加え、キャバクラで働いている特定の女性と浮気をしている可能性があるのならば、探偵事務所に依頼するなどして浮気の証拠となるものを集めることでキャバクラ通いを辞めさせることが出来るようになるのですね。肉体関係がなくても、キャバクラに通い津得ていることを立証すいれば家庭を経済的に破綻させたとして慰謝料を請求することが出来るのです。

キャバクラに通うのを辞めさせる方法

キャバクラをに通うのを辞めさえるために、キャバクラ通いの心理から説明してきましたが、ここからはキャバクラ通いを辞めさせるための方法をいくつかお知らせしますね。浮気にならない!としてもキャバクラに通うのを夫にやめてほしいという方は以下の方法を試してみてください。

方法~その1~直接伝える

キャバクラに通うこと自体、何ら法律違反でもないのですね。しかしながら夫がキャバクラで女性と仲良くなり、仲良くなった女性の為にお金を使う事を考えたらあまりいい気分ではありませんよね。そういった状態になれば「不安」「怒り」という感情を持つ方も少なくないのではないでしょうか?

そういう時には、無理をして我慢しているのではなくその気持ちをご主人にしっかりと伝えてみてはいかがでしょう?もちろんこの伝え方も大切な要素の一つで、一方的にキャバクラ通いを辞めるように迫るのお勧めできません。男性は女性にかわいく嫉妬されているようにものを言われる弱いもの・・・頭ごなしではなく頼み込むように話してみればご主人の気持ちも変わるかもしれないですね。

方法~その2~褒める機会を作る

先ほども紹介した通り、キャバクラ通いの一つとしては、誰かに褒められたいという承認欲求の一つみたいなものなのですね。そういう事が理由でキャバクラに通っていたり、自分に自信のない人なのであれば、ご主人が誰かに認めてもらいたいと思っているのであれば、そういった要求を満たしてあげればいいのですね。日ごろの感謝を伝えるところからで構いませんので少しづつ褒めてあげることで、心が満たされることでキャバクラに行く回数が減ってくるのかもしれないですね。

方法~その3~月の小遣い

浪費癖が原因でキャバクラでもお金を使ってしまう人は後を絶たないのです。よく言えば人の為にお金を使う面倒見のいいひとではあるのですが・・・お金の使い方に問題があるのですね。ここは月のお小遣いを減らすことを検討してみるのはどうでしょうか?自由に使えるお金が少なくなれば、キャバクラに行く回数も減ってくるし、仮にキャバクラに行ったとしてもキャバクラの女性の為に使うお金も少なくなるので、やはり・・・お小遣いが減ればお店に通うに事も減ってくるのですね。お小遣いが減りすぎるとご主人の機嫌がかなり悪くなるので・・・あまり減らしすぎない程度で・・・バランスですね。

方法~その4~キャバクラ通いを放置プレイ

キャバクラに通い続ける人の中には、妻や彼女につらい態度を取られたことで逃げるようにしてキャバクラに通っているという人もいるのです。そうやって怒られたことが原因ではありますが、キャバクラで妻や彼女以外の女性と仲良くしているところを妻や彼女に示すことで、気を引いていることもあるのですね。もしもご主人がそういったタイプの人であれば、キャバクラに行くことを思い切って放置プレイしてみて、「私は何にも気にいてない」という事を見せるとご主人はキャバクラ通いを辞めることになるかもしれないですね。

キャバクラに通うのが嫌ならば、我慢をしないこと!

キャバクラに通い続ける男性のその心理というのは、話を聞いてほしいという事であったり所謂承認欲求が関連している事があるのです。そのために自分に自身がない人であったり、人に褒められる回数が少ない人というのは、キャバクラにハマってしまうという傾向が強いのです。キャバクラ通いを辞めさせるためには決して頭ごなしに、キャバクラに通う事を否定するのではなく、ご主人の性格に応じた形で対応してもらう事が大切なのです。もしも、キャバクラ譲渡の間に恋愛関係がある場合には、離婚事件として損害賠償請求が出来る可能性があるので、そういった怪しい行動があるときには探偵事務所に浮気調査を依頼するなど、しっかりと証拠を確保してくださいね!

千葉県船橋市の総合探偵事務所アルシュはいつでも皆様からのご相談をお待ちしております。

問題が大きくなる前に遠慮なくご相談ください

春もお試し調査プラン継続中!

関連記事

船橋本店
船橋市本町6-2-10-609
詳しくはこちら
千葉支店
千葉市中央区弁天1-15-3 B1F-13
詳しくはこちら
柏支店
柏市北柏1-5-3-401
詳しくはこちら
“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP