音声のみは有効なのか?

よくある質問として。「ICレコーダーに録音した音声は浮気の証拠になるのか?」というのがありますもちろん夫や妻の浮気を立証するためには証拠となる物が必要になってくるのでボイスレコーダー等々を使う方も少なくないかと思います。もしも、浮気しているかも?という状態において、夫や妻が携帯電話をしっかりロックしているので見ることが出来ない。そんな時には音声で浮気相手とのやりとりが録音できるかも知れませんね。ですが、音声だけのやり取りが直接的に浮気の証拠になり得るのか?と気になる方も居るかと思います。

上手いこと録音できるようなポジションにボイスレコーダー等をセットすることに成功して、思ったっとり!夫や妻が浮気相手と話している音声や会話などが録音できたとします。「これで浮気の証拠だ!」「浮気相手や夫から慰謝料を請求できる」そう思うかもしれません。しかし、夫や妻が浮気相手と親密であるような会話をしていたとしても浮気の証拠としては不十分なのです。

もちろんこれが浮気をしている事を妻や夫に自白する内容であれば浮気の証拠にもなりうることもあるのですが、ただ単に浮気相手と夫や妻とのやりとりであれば音声単体では浮気の証拠としては不十分という事です。浮気相手とのやり問いが録音でき既婚者である夫や妻が他の異性に対して積極的にアプローチしていたり、その気があるような事を言っていたりとなると「浮気心」があったのは確認できるかも知れませんね。あくまで、法的な証拠という事になってくるので離婚調停や裁判になった際に「優位な状況で離婚できる」という訳では無く「慰謝料請求等」を考えると、浮気の証拠としては「肉体関係があったことを」推測できるものである必要がある。という事になるのですね。なのでその気があるような会話だけでは足りないのです。

法的に有効な証拠となるといったい何でしょうか?慰謝料を請求する為等々裁判に発展した場合録音データのみを提出してもそれが単体で証拠としては採用されていないのです!有効な証拠となると不貞の証拠となるわけで不貞行為「肉体関係」を持ったことを推測できる証拠の事を言うのですからなかなか音声だけでは判断できませんよね?例えば不貞行為と認められる証拠というのは状況にもよりますが簡単に説明すると「ラブホテルへ出入りしている鮮明な画像や、動画、浮気相手の自宅やビジネスホテルに3回程度通っている状況が不貞の証拠として認められているのです。

という事は、例え性行為の録音であっても・・・「いつ、どこで、誰が、誰と一緒に、どこに行って、何をした」という事が特定できる鮮明な画像や動画が無いと誰が話しているのかを特定が出来ないのでそれ単体としては周夫子として難しいという事になりますよね。この録音が例えば「妻の目の前で、夫がこれから浮気相手のこの女性とラブホテルで性行為してくるのを録音してきます!」と説明しながら目の前でラブホテルの部屋に入っていったら録音単体で証拠となるかもしれませんが・・・それは通常あり得ない事ですもんね。

千葉県船橋市の総合探偵事務所アルシュでは皆様からの相談をいつでもお待ちしております。

秋もお試し調査プラン継続中!

迅速調査対応地域

【千葉県】千葉市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・柏市・流山市・松戸市・八千代市成田市・白井市
【埼玉県】さいたま市・越谷市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市・朝霞市・吉川市・新座市

関連記事

“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP