アルシュの調査一覧
MENU

BLOG

ブログ

ブログ
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 浮気されたけど離婚はしたくない。離婚しない人は意外と多い!?再構築する方法は?
公開日:2024.06.03

浮気されたけど離婚はしたくない。離婚しない人は意外と多い!?再構築する方法は?

浮気されたけど離婚はしたくない。離婚しない人は意外と多い!?再構築する方法は?

配偶者に浮気されると傷つき一緒にいることが辛くなることがあります。しかし、色々なことを考えると離婚はしたくない、もしくはできないという人も多くいます。

浮気をされてしまっても、一度誓い合った配偶者とまたやり直す=再構築するにはどうしたらよいでしょうか。

この記事では浮気されたけれども離婚しない道を選ぶ人のために再構築する方法をご紹介します。

目次

浮気=離婚ではない

浮気されて離婚する人の割合

浮気は裏切り行為。配偶者に浮気されていると知ってしまったとき、とんでもない悲しみや怒り、絶望感が生まれ精神的に大きなダメージを受けます。

夫婦向けに行ったアンケートによると、『配偶者に浮気をされたとしたら離婚をしますか?』との質問に対して『離婚したい』と回答した人は7割以上でした。

しかし、実際に浮気されて離婚する夫婦は2~3割程度と言われています。

浮気されたら離婚したいと思ったとしても、多くの人は実際にその状況になった場合に様々な理由から離婚しない道を選ぶことがわかります。

確かに、浮気されたからと言って必ず離婚しなければいけないことはなく、離婚するかどうかは浮気された人が決めても良いわけです。

離婚せずに再構築する理由とは?

信頼関係は、一度崩れると再び構築するのが難しく、完全に元に戻すには浮気された部分の記憶をなくすくらいしか方法がないかもしれません。

信頼関係を修復するには多くの時間も必要で、その間にフラッシュバックして苦しい思いをすることも想像できます。

それでも離婚を踏みとどまり再構築するには以下のような理由があげられます。

  • 経済的な理由
  • 子供のため
  • 愛情が残っている
  • 夫婦関係への未練
  • 孤独への不安
  • 世間体      など

様々な理由から離婚はしないで再構築を目指す人も多いのですが、離婚しない場合にするべきことについて次の項で詳しく解説していきます。

浮気されても離婚しない場合にするべき事

浮気されても離婚しない道を選ぶ場合、夫婦両者が揃って努力する必要があります。一方が非協力的では再構築する事は難しいでしょう。

夫婦関係を再構築するためにやるべきことは以下の内容です。

  • 真摯な話し合い
  • 信頼関係の修復
  • 法的に有効な誓約書の作成
  • 専門家のサポート

それぞれ詳しく解説します。

※離婚する場合は『旦那の浮気が発覚!離婚するorしない?する場合にやるべきこと』を参考に。

真摯な話し合い

辛いことだと思いますが、まずは浮気について話し合うことが必要です。理由や原因を知り、再び起こらないように互いに改善すべき点を話し合いましょう。

話し合いのポイントは以下の通りです。

  • 何が理由で浮気をしてしまったのかを明確に
  • 双方の言い分を理解し改善すべき点はお互いに直す
  • 互いに責めるような言い方はしない

信頼関係の修復

再構築には信頼関係の修復が欠かせません。しかし、失った信頼関係を取り戻すには時間が必要です。浮気された側はなかなか配偶者を信用できませんし、浮気した側も長期間信じてもらえないことを覚悟しておかなければいけません

信頼関係を修復していくときのポイントは以下の通りです。

  • コミュニケーションをしっかりとる
  • 夫婦のルールを決め、約束を守る
  • 浮気された側は少しでも心配な事があればすぐに相談し、浮気してしまった側もそれに対していつも丁寧に対応

法的に有効な誓約書の作成

離婚しないで再構築する際に辛い場面としてよく上がるのは、『また浮気しているのでは?』と思う瞬間です。

一度浮気をされてしまうと、再び浮気をされないかを心配して精神的にも不安定になります。そのことが頭をよぎり、フラッシュバックを起こしてしまう人も少なくありません。

そこで浮気抑止力のある誓約書を作成することが再構築を成功させるために有効な方法となります。

約束を破ってまた浮気相手と会った場合やまた浮気をした場合は違約金を支払うように取り決めを行います。

他にも再発の際に自分に有利な離婚の条件等を(公序良俗の範囲内で)記載することも効果的です。

そしてその内容を法的にも有効な誓約書という形で作成することで、浮気された側の精神的安定にも繋がります。

専門家のサポート

再構築はとても難しいものです。夫婦揃ってカウンセラーやセラピストなどに相談し、コミュニケーションの方法を学んだり、客観的な視点からアドバイスを受けると良いでしょう。

離婚しないで再構築する場合、探偵の浮気調査が役立つ

浮気されても離婚しない場合、探偵の浮気調査が役立ちます。どのような場面で探偵の浮気調査が役立つのか解説します。

  • 配偶者に浮気を認めさせる
  • 慰謝料請求を確実に
  • 相手からの離婚請求を拒否
  • 誓約書の作成

それぞれ詳しく解説します。

配偶者に浮気を認めさせる

浮気しているとわかっても、証拠もなしに予想で「浮気しているでしょ?」と聞いても素直に認める人はあまりいません。明らかに怪しい行動を取っていたとしても頑なに浮気を認めないこともあります。

再構築するためにはまず浮気の事実を認めてもらわなければ始まりません

配偶者が浮気を認めず反省もなく、ただ自分だけが我慢して結婚生活を続けるのは苦痛でしかありません。

それはもはや離婚しないで再構築するのではなく、ただ形だけ夫婦でいる仮面夫婦です。

しかし、探偵が掴む証拠は誰から見ても浮気をしている事が明確であり、言い逃れもできずに浮気を認めることになります

慰謝料請求を確実に

慰謝料請求は浮気で受けた精神的苦痛に対する損害賠償請求です。離婚する場合に請求するイメージが強いかもしれませんが、離婚しない場合も請求することができます

慰謝料請求は配偶者や浮気相手に請求できるものですが、不貞行為(肉体関係)の事実がある場合に請求できます。

浮気の証明ができないと請求できないこともありますが、探偵の浮気調査で浮気の証拠を掴むことにより、確実に請求することができます

離婚する場合の慰謝料に比べると離婚しない場合の慰謝料は低くなる傾向で、数十万円~100万円程度が相場です。

配偶者からの離婚請求を拒否

浮気されても離婚はしたくないのに、浮気相手に本気になった配偶者の方から「離婚したい」と言われることもあります。

浮気した配偶者は法的に「有責配偶者」と言われ、有責配偶者からの離婚請求は基本的に認められないはずですが、浮気の証拠がなく有責配偶者であることを証明できない場合はそれがまかり通ってしまうケースがあります。

ですが、探偵の掴んだ確実な浮気の証拠があれば、万が一配偶者の方から離婚の申立てをされたとしても法的に離婚を拒むことができます

ただし、離婚の話し合いもせずに勝手に離婚届を出してしまう配偶者もいますので、その危険がある場合は役所に『離婚届不受理』の申出をしておきましょう。

誓約書の作成

先述した通り、再構築の際は浮気の抑止力にもなる誓約書は是非とも作成しておきたいものです。

誓約書には浮気相手との関係を終わらせる(接触禁止条項を含む)約束や、約束を破った時のペナルティ(罰則)等を記載しますが、浮気相手の名前や住所なども入れた方が効果的です。

中には浮気相手の情報を伝えたがらない配偶者もいるかと思いますが、探偵の浮気調査で浮気の事実だけでなく浮気相手の詳細についてもしっかりと調べることで、何も隠すことができない真実を明らかにした誓約書を作成させることができます

まとめ

配偶者の浮気は許しがたい裏切り行為ですが、『経済的』『子供の為』『配偶者に愛情がある』など様々な理由から離婚しない道を選ぶ人も多いです。

浮気によって失われた信頼関係を築くのは簡単ではありませんが、誠意を持って互いに歩み寄る気持ちで努力すれば、夫婦関係を修復できる可能性はあるでしょう。

しかし、それには時間も努力も必要で、長い時間辛い思いをする覚悟も必要です。その辛さをできるだけ軽くするためにコミュニケーションをしっかり取り、誓約書を作成して再発を防ぎます

配偶者の浮気はなかなか許せないけど、離婚はしたくない、できないという場合は探偵の浮気調査で浮気の証拠を掴み、できるだけ不安を取り除きながら有利な状態で再構築していくと良いでしょう。

おすすめコンテンツ