調査事例・・・千葉市食品横流し

おはようございます。

千葉県船橋市の総合探偵事務所アルシュです。

uwakilink2

浮気(不倫)調査についての依頼が暖かくなり増えてきておりますが、今日は食品を横流しして臨時収入を得てた事例につて書かせていただきます。

※調査事例は本人の承諾を得て記載しており、本文中の会社名、氏名等はすべて偽名になります。

依頼者

千葉県船橋市内食品加工会社

船橋を拠点として千葉市、津田沼市、柏市、流山市等の千葉県内及び東京都、埼玉県、神奈川県と関東圏において様々な食品を加工し卸している会社

調査対象者

千葉県船橋市内食品加工会社

営業部責任者

千葉市内在住

38歳男性(妻、子供2人)

依頼内容

調査対象者は、営業責任者として船橋を拠点として各取引先において活動している者である。勤続15年ほどになり、今まで積み上げてきたキャリアもあることから営業責任者としてのデスクワーク傍ら、得意先などにマメに顔を出して営業成績の中枢を担って居る部分もあるということであった。

しかし、船橋本社に匿名の電話で

・営業部の者で、得意先に卸した商品で消費期限が迫ったものを引き取り、飲食店や個人的にインターネット等で販売している者が居る。そんな会社でいいのか?

という電話が入りったことにより会社内において内定調査をしていた。

その結果、電話にて寄せられていた、船橋市内、千葉市内、津田沼市内に店舗を置く、食品販売店〇店の数年前から担当していたのが営業部責任者の男であることが判明した。

営業部責任者の男についても数年前から身に着けている物が派手になったりしている状況や競馬やパチンコが昔から好きで大きなお金を存している等の噂があった。

以上の状況から警察で本人を捕まえてもらっても、被害額が戻るわけでもないし、この話が明るみに出てしまっては会社自体の信用が戻るわけでもないので当事務所に依頼したものである。

調査の開始

営業責任者の追尾を基本方針に調査を開始したところ

1週間のうち3日間船橋市内、千葉市内、津田沼市内に店舗を置く、食品販売会社に顔尾を出し、そのたびに営業車両に自社製品を積み込んでいるのを確認した。

さらに同店舗経営者と営業責任者について調査を実施すると、お互いに千葉市内に在住しており、出身地も千葉市内で中学校、高等学校と同じ学校に通う同級生であることが判明した。

さらに1週間、営業責任者の追尾を行うと、やはり1週間のうち3日間程船橋市内、千葉市内、津田沼市内に店舗を置く、食品販売会社に顔尾を出し、そのたびに営業車両に自社製品を積み込みさらには、船橋市市内の飲食店に立ち寄り同店舗において積み込んだ食品を営業車両から降ろしその飲食店に配達している状況を確認したのである。

調査の結果

判明した事実を船橋本社に報告すると

営業責任者が、配達していた船橋市市内の飲食店との取引は一切ないことが判明したことから、本人を追及したところ、食品の横流しをして臨時収入を得ていたということを認めた。

もちろんこの話は、警察に相談はしていないので、本人は首になることはなく、本社での配属替え等を行い今でも会社の為に働いているそうです。

こういった形の調査を行っておりますが、会社としてのメリットは、大きな損害が出る前に未然に防止対策をとることができる事ではないでしょか?

相談、見積もり無料お困りの際は千葉県船橋の探偵アルシュまでご連絡ください。

cam3

“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP