結局は本人次第

先週の話にはなりますが、とある芸能一家のご子息の覚せい剤取締法違反の裁判が終わり、判決がおりましたね。どうやら4回目でも執行猶予がついたらしいです。4回目で執行委猶予って甘いんじゃないの?なんていう風にその瞬間的には思ってしまうところではありますが、ああいった有名人の部類に入る人達の取っては、刑務所に長い間居るよりも早い段階で一般社会に出ることの方が大変なのかもしれませんね。というのも、やはり有名人という事もあり、芸能関係の記者さんには追いかけられ、テレビで事件が大きく報道されていることもあるので世間の人たちには覚せい剤取締法違反で逮捕されたことは知られている。という事になれば一般人よりも何十倍もの人達からの監視の目にさらされるという事になるのでしょうから、それはまた大変な事なのかもしれませんね。その反面、薬物がいつでも目の前に出てくるような機会にいつでも出くわしてしまうという点においては、本当に自分自身の欲との戦いなのかもしれませんね。

問観点で考えると、浮気や不倫だって同じことなのですね。今までに夫や妻の浮気に悩まれた方も多くいるかとは思いますが、ちょっとLINEを見つけて問い詰めたところで、適当にあしらわれて、その時だけは一時的に浮気や不倫の時に出てくる雰囲気が消え去る。しかし、また半年くらいすると・・・何やら怪しい行動が出てきたり、いつも浮気をすると出てくる雰囲気に気がつくようになり、またLINE等々をチェックしてあやしいLINEについて問い詰めると適当にあしらわれて・・・その時は浮気や不倫の兆候が出なくなる・・・。というこの繰り返し・・・・。これって薬物中毒と似たような感じですよね。妻や夫の浮気や不倫をしっかりと終わらせるためには、本人が「もう。浮気なんかしないんだ」「これからは、家族の為に・・・」と考えさせるような事をにならなければ結局は、自分の欲に打ち勝つことが出来ずに浮気や不倫を辞めることが出来ないのです。

その為には、本人にも自分がしでかしたことで家族にどれだけ迷惑をかけてきているのか?をわからせる必要がある為、ちょっと問い詰めるだけでは物足りず、言い訳もできないような浮気の証拠を確保し、その浮気の証拠をもって「浮気相手の女性や男性に損害賠償請求したり」する必要が出てくるのですね。そこまでやれば浮気をしてしまった本人も、自分自身と向き合ってしっかりと見つめなおすいい機会になるのではないでしょうか?しっかりと自分を見つめなおすことで「もう、妻や夫に嫌われたくない」「子供に嫌われるわけにはいかない」「自分がいかに馬鹿な事をしていたかよくわかった」等々理由は何でもいいのですがしっかりと反省することで浮気の欲に負けずに済むのかもしれませんね。

千葉県船橋市の総合探偵事務所アルシュでは皆様からの相談をいつでもお待ちしております。

 

冬もお試し調査プラン継続中!

迅速調査対応地域

【千葉県】千葉市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・柏市・流山市・松戸市・八千代市成田市・白井市
【埼玉県】さいたま市・越谷市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市・朝霞市・吉川市・新座市

関連記事

“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP