浮気調査に使えるグッズ7選をご紹介!ベストな調査方法とは?

 

浮気 調査

配偶者の浮気を疑ったら、まずは明確な証拠を入手したくなります。

しかし、浮気をしている証拠というものは簡単には掴めません。浮気調査をするためには、便利な浮気調査グッズを活用する必要があります。 

 

今回は、浮気調査に使える身近なグッズ7選をご紹介し、それぞれのグッズを用いた調査方法と、注意すべきリスクまで詳しく解説いたします。

 

浮気調査にはどんな道具が必要?

身近な存在の配偶者でも、いつどこで何をしているのか、全てを知っているわけではありません。むしろ、お互い信頼し合っている家族ですから、ほとんど知らないのが当たり前です。

それに、そもそも浮気は、家族にバレないようにやるもので、常に家族の目を警戒し、隠そうとしています。

ですから、配偶者の浮気が大変疑わしい状況でも、それを調べるのはとても難しいことです。そのため、配偶者の現在位置を調べるツールや録音したり撮影したりする機材など、さまざまな道具が必要になってきます。

浮気調査に使えるグッズ7選をまとめてご紹介!

世の中にはさまざまな機能を持った便利グッズが発売されています。その中には、「浮気調査グッズ」と言われるものもありますが、それらは本来、浮気調査のために開発されたものではありません。しかし、浮気調査にとても役立つため、浮気調査グッズとして知られています。

ここでは、そのような浮気調査グッズの中から、

 

  1. 小型GPS
  2. ボイスレコーダー
  3. 隠しカメラ
  4. 変装道具
  5. 盗聴器
  6. スマホアプリ
  7. ドライブレコーダー

 

7つを選んでご紹介しましょう。

 

浮気調査グッズ小型GPS

ここで言うGPSはスマホに内蔵されたGPS機能ではなく、GPS発信機のことです。鞄の置き忘れやひったくり被害の時に、また、車が盗難にあった時に、その現在位置をリアルタイムで追うために使用するのが本来の使い方でしょう。

そして、浮気調査に使用する場合は、浮気している配偶者の現在位置や移動履歴を取得するために、車に取り付けるという使い方が一般的です。

GPSを選ぶなら、見つからないように出来るだけ目立たない小型のGPS 発信機がよいでしょう。そして、移動履歴を取得したい場合は、一定時間ごとに位置情報を検索する自動追跡タイプがおすすめです。

移動履歴のチェックにも役立ちますが、配偶者と浮気相手が乗った車をリアルタイムで尾行する時にはGPSがあると大変強力です。

 

浮気調査グッズボイスレコーダー

ボイスレコーダーは、浮気相手との会話をこっそり録音したり、浮気に関する夫婦の話し合いを記録するために用います。自家用車の車内や浮気をしている配偶者の鞄に仕掛けたり、うっかり自白をした時のため夫婦で会話する時には常に録音しておくようにするわけです。

ボイスレコーダーは種類が豊富で手に入れやすく、3,000円程度のものから販売されています。しかし、浮気調査に使用するなら購入する機種はよく検討した方がよいでしょう。

ノイズキャンセルや集音機能があり、録音した会話が聞き取りやすいことが重要です。また、車のシートの隙間などに潜ませるので小型でなければなりません。それから、バッテリーやメモリー容量など、長時間の録音が可能かどうかも重要ポイントです。

ボイスレコーダーを利用した浮気調査の方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

浮気調査グッズ隠しカメラ

隠しカメラと言えば、まずは超小型のカメラ。小さいので目立たずカメラだとは気がつきにくいものです。それでも、そのカメラだけが無造作に置かれていれば「これは何だろう?」と注目されてバレてしまうかもしれません。

そのような時には、何か他の物に見せかけたカメラが役立ちます。たとえば、室内に置いてある時計。しかし、それは時計でもあるけれどカメラでもあるというものです。他にも、ボールペン型やスマートウォッチ型のカメラ、スマホの充電器型のカメラなど、さまざまなものが防犯グッズとして発売されています。

このようなカメラを自宅に設置して自宅での浮気の様子を撮影、また尾行している時に相手に悟られないように撮影するなどに使用します。

 

浮気調査グッズ変装道具

浮気調査をする上で、尾行や張り込みは必要不可欠な調査です。ただし、自分の夫や妻を尾行するのですから、姿を見られたら一目瞭然でバレてしまいます。

浮気を疑い調査しているのがバレてしまうと、より巧妙に隠蔽するようになったり、夫婦仲がいっそう悪化したりして大変困難な状況となります。ですから、尾行や張り込みも絶対にバレてはいけないわけです。

そのため、全く別人になりすますほどの変装をしなければならず、さまざまな変装道具が必要になります。また、それらの変装道具は、配偶者に見つからない場所へ隠しておかねばなりません。

具体的には、いつも着ているのとは全く違う服装と靴、メガネやマスク、ヘアスタイルをさっと変更できるようなウィッグなどをいくつか買いそろえます。選ぶときには、それらを用いて数パターンの姿になれること、その姿が周囲の人々に違和感なく溶け込んでいることに留意しましょう。

 

浮気調査グッズ盗聴器

盗聴器にはいくつかのタイプがあります。

  • 盗聴している音声を電波で発信するタイプの「無線式盗聴器」
  • 壁の向こうの音を集音する「コンクリートマイク」
  • 電波を発することなく後で聞くタイプの「録音式盗聴器」
  • 遠距離の音を聞き取る「パラボラ集音器」

などです。

その内、コンクリートマイクやパラボラ集音器は、個人が浮気調査に使うには向きません。また、録音式盗聴器は、ボイスレコーダーとほぼ同一のものですので、先述の『浮気調査グッズ②ボイスレコーダー』項目をご参照ください。

そのようなわけで、浮気グッズとしてよく使用されるのが無線式盗聴器です。盗聴器が発する電波を受信機で受け取るタイプで、発信機とともに受信機も必要となります。その電波が届く範囲は条件がよくて100m程度で、それほど遠くまでは届きません。

盗聴器は便利かつ簡単に入手できますが、使い方を誤ったり調査対象者にバレると法的なトラブルになるリスクが高いことは理解しておきましょう。

 

浮気調査グッズスマホアプリ

スマホのGPS機能を用いた位置情報、SNSやメッセージアプリで交わされた会話の内容、メールのやり取りを取得して、わが子がイジメに合っていないか見守るアプリがリリースされています。しかし、そのアプリは「浮気調査アプリ」と呼ばれ、子供の見守りよりもむしろ浮気調査に利用されています。

浮気をしている配偶者のスマホにそのアプリをインストールするか、または、最初から入っているアプリの設定を調整します。そうすることで、配偶者のスマホの位置情報やオンラインでの会話を、別のパソコンやスマホから監視できるようにするわけです。ただし、相手の同意なしにアプリのダウンロードやスマホの設定を変えることは、もちろん違法行為となりますので要注意です。

浮気調査に使えるスマホアプリは、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

 

浮気調査グッズドライブレコーダー

ドライブレコーダーは事故やトラブルの様子を録画してくれるため、多くの人が自分の車に取り付けています。実は、浮気調査グッズとしてもドライブレコーダーは装備しておくべきなのです。

配偶者が浮気をする時に、ドライブレコーダーをオフにし忘れたら、車でラブホテルに行く様子が録画される可能性があります。また、車内の録音やGPS機能が付属した多機能なものなら、位置情報や浮気相手との会話なども得られます。

さらに、ドライブレコーダーのなかには、車内の様子も録画する機種があります。ドライブレコーダーだけで、かなりの働きをしてくれるでしょう。

ただし、急ブレーキを踏んだ時や車体に衝撃があった時だけ録画するタイプは役に立ちません。購入する際には、常時録画するタイプを選びましょう。

 

道具を使って浮気調査をするうえでの注意点

注意 女性

浮気調査グッズを使うと、これまで得られなかった情報が入手出来るようになり、もっと活用すれば、さらに調査は進展するのではないかと期待が高まります。しかし、困った問題になる場合もあり、手放しで喜んでばかりもいられません。

このような浮気調査を続けていく上で、注意すべき点がいくつかありますので解説しておきましょう。

 

使い方によっては違法行為にあたる

盗撮や盗聴を取り締まる刑罰はありません。しかし、仕掛ける場所によっては「住居侵入罪」が成立する可能性があります。自分の物や自分も共有するものに対して仕掛ける程度に留めましょう。また、電話には盗聴器を仕掛けてはいけません。「有線電気通信法違反」になります。

それと、同意なしに相手のスマホにアプリをインストールする行為は「不正指令電磁的記録供用罪」です。実際に逮捕者も出ていますので、「これくらい大丈夫」などと高をくくらないようにしましょう。

さらに、刑罰はなくても民法上の「プライバシー侵害」に該当するリスクもあります。

では、なぜ探偵による浮気調査は違法にならないの?という疑問をお持ちの方は、こちらの記事をご覧ください。

 

「不貞行為」の証拠として認められない場合がある

ボイスレコーダーなどで得られた音声データは、総合的にみて証拠能力が認められる場合もありますが、「その会話は自分のものではない。」と主張されると対応が難しく、その証拠能力に疑問が残ります。取得した位置情報なども、浮気の証拠としては弱いものです。

また、浮気の場合は民事なので、違法なやり方で得た証拠でも、概ね証拠として認められますが、「著しく反社会的な手段で得た」と判断された場合は、認められない可能性があります。

 

調査が配偶者・パートナーにバレるリスクがある

ボイスレコーダーなどは、仕掛けておいた後どうなるか、運を天に任せるような調査方法です。浮気カップルの会話からいろいろな情報が得られる可能性はありますが、仕掛けたボイスレコーダーが見つかってしまう可能性もあります。

尾行も変装が見破られバレてしまったり、張り込みをしていると周囲の人に怪しまれて大変なことになったりするのが浮気調査の難しさです。また、いろいろ買いそろえた結果、購入履歴に妙な買い物がいくつかあって、「何だこれは?」と怪しまれたりすることもあります。

 

浮気調査を続けることが精神的負担になる場合も

「浮気の疑いがある」という段階では、まだ真実は明らかになっておらず、「もしかしたら、浮気なんてしていないかもしれない。」という希望も薄っすらと残っています。ただ、その状況でも不安とストレスは大きなものです。

そして、浮気調査をしていると、配偶者と浮気相手が仲良く腕を組んで歩いているところなどを目撃することになります。その時には怒りや悲しみがさらに増すことでしょう。

そのような精神的打撃に加えて、浮気調査自体の気疲れも加わり、その負担はかなり厳しいものです。ですから、こうした浮気調査を自分で行うのは、実はあまりおすすめできることではありません。

 

確実に浮気の証拠を掴むなら探偵事務所に依頼!

配偶者の浮気について自分で調査するときには、浮気グッズと呼ばれているさまざまなツールが活用できます。しかし、うっかりしていると自分が違法行為をやってしまうことになり、そのリスクは思った以上に大きいものです。

しかも、十分な証拠が得られず、調査がバレる危険性と精神的な負担が大きいため、かえって状況が悪化する可能性があります。

そこで、このようなリスクや苦労を思えば、多少の費用はかかっても、浮気調査のプロである探偵に依頼することを検討してみるべきでしょう。浮気の証拠を入手するなら、探偵の調査力が頼りになります。

 

探偵による浮気調査、その違いとは?

探偵 イメージ

自分で浮気調査をしようと、いろいろな浮気グッズを手に入れ、暑い日も雨の日も頑張って尾行すれば、「やっぱり浮気していた!」という確信は得られるかもしれません。しかし、裁判にも通用するような浮気の確実な証拠は得られないことがほとんどです。

しかし、探偵が行う浮気調査は確実な証拠を掴みます。探偵のようなプロと、素人による調査では、何が違うのでしょうか。

  1. 高性能カメラ
  2. 情報ネットワーク
  3. 尾行テクニック
  4. 浮気調査のノウハウ

探偵による浮気調査の違いを、4つの視点から詳しく解説いたします。

 

1.高性能カメラ

浮気カップルが2人でラブホテルに入ったとしても、それを目撃したという証言だけでは、確実な証拠とは言えません。それが撮影され、入ったところと出てくるところを映像で立証できれば、言い訳の余地のない強い証拠となります。

そして、探偵の浮気調査では、このようなラブホテルへの出入りの撮影が行われます。その時間帯はほとんどが夜で、暗くてもはっきりと写る暗視性能の高いカメラが用いられます。また、ホテルの敷地内には長居できません。敷地外から望遠で狙える時には、ズームで拡大してもきめ細かい画像が得られる高性能なカメラを使用します。

 

2.情報ネットワーク

探偵事務所各社のWEBサイトを見ると『独自の情報網を駆使して…』と、その調査能力をアピールする文言をよく見かけますが、「独自の情報網」と言われてもあまりピンと来ない人がほとんどでしょう。

しかし、実際には各種調査にとても有効で、探偵にとって重要な調査ツールなのです。また、素人が個人で、このような情報網を保有することはまず不可能なだけに、プロと素人との実力の差が出る部分でもあります。

その「独自の情報網」の中身は探偵によってそれぞれですが、有償の情報データベース、探偵同士または情報提供者との協力関係、独自に作り上げた情報リストなどを総合したものです。またそれは、調査対象者の本名といくつかの情報があれば、事務所から1歩も出ない内に調査をかなり進展させてしまうほどの力を発揮することがあります。

 

3.尾行テクニック

探偵が昔から得意としているのは機動力を活かした調査です。動き回る対象者を追跡し、その先にある情報を得るのが探偵の調査業務で、尾行は探偵にとって基本中の基本、日々尾行をしていると言っても過言ではありません。そのため、調査員は優れた尾行のテクニックを習得しています。

徒歩で1km〜2kmほどの尾行なら素人でも出来ます。しかし、途中で電車やバスなどの移動手段が入り混じった長距離の尾行、または車での尾行は、難易度が高いものです。そうなると、尾行にあたる調査員の臨機応変の判断が重要になってきます。

そのため、多くの場合、探偵の尾行では調査員が2名で連携し、臨機応変の対応を実現しています。

 

4.浮気調査のノウハウ

たくさんの浮気調査を行ってきた探偵は、その経験から浮気に関するさまざまな知識やノウハウを得ているものです。そこにまた、素人とプロとの差が現れます。

その浮気が行われる日時に特徴はないか、得られる情報の内でどれが浮気と関係があるのか、さまざまな分析や判断が浮気調査を効果的なものにするのです。

たとえば、調査対象者が会社員なのかそれとも自営業か、外回りの営業マンか専業主婦かによって、それぞれ生活パターンや特徴があります。そのような人物像から、不貞行為が行われる日時や場所などを想定し、どのような浮気調査が必要なのかを判断していくわけです。

このように、多数の浮気と向き合ってきた経験もまた、素人では簡単に追い付けない実力差と言えるでしょう。

探偵による浮気調査がなぜ優秀なのか、詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

 

浮気調査の依頼なら「アルシュ探偵事務所」へ

浮気調査の依頼をしたい!という方は、千葉県船橋市に本部を構える「アルシュ探偵事務所」にご相談ください。

アルシュ探偵事務所に所属する全ての調査員は、第一線で活躍してきたベテランの元刑事で構成されています。

刑事としても探偵としても、豊富な経験を積んできた調査員の技術によって優れた調査力を実現し、確実に結果を出し早く解決へとつなげる探偵事務所です。

ところで、浮気問題は、調査によって証拠を入手すれば、浮気調査の段階としては完了となりますが、それで全てが完了ではありません。その後は「この浮気問題の解決をどのような形に求めるのか。」という段階へと進んでいくわけです。

そのために、アルシュ探偵事務所では、浮気調査の終了後、離婚または夫婦関係の修復、慰謝料の請求などへ向けたアフターフォローも行っております。

浮気調査のご依頼ならぜひともアルシュ探偵事務所へどうぞ。

アルシュ探偵事務所へのお問い合わせはこちらから

 

まとめ

浮気調査を自分で行う上でさまざまな便利グッズがあります。それらは本来はさまざまな用途で開発されたものですが、浮気調査に使えるツール、つまり浮気調査グッズとして知られています。

ここで紹介したのは

  1. 小型GPS
  2. ボイスレコーダー
  3. 隠しカメラ
  4. 変装道具
  5. 盗聴器
  6. スマホアプリ
  7. ドライブレコーダー

の7つです。

そして、それらを使った浮気調査で気をつけるべきリスクやデメリットも解説しました。結局、それらの浮気調査グッズを使って自分で調査するよりも、探偵に依頼した方が楽で確実だということがおわかりいただけたかと思います。

 

 浮気調査に関するお悩みなら、千葉県船橋市の総合探偵社、アルシュ探偵事務所にご相談ください。

アルシュ探偵事務所なら、元刑事の調査官が優れた調査力を生かし、裁判や調停で有効な証拠集めと報告書作成を行います。

初めてのご依頼、不安なことが多いかもしれませんが、安心してお任せください。

アルシュ探偵事務所ではご依頼主の問題、お悩みの解決を一番に考え、調査いたします。

 

アルシュ探偵事務所へ、まずは無料相談

関連記事

  1. 探偵 値段
船橋本店
船橋市本町6-2-10-609
詳しくはこちら
千葉支店
千葉市中央区弁天1-15-3 B1F-13
詳しくはこちら
柏支店
柏市北柏1-5-3-401
詳しくはこちら
“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP