ボイスレコーダーを使って浮気調査をするのは有効?

浮気しているかどうかは、何となくわかるものです。

スマホを絶対に見せないようにする、電話がかかってくるとスマホを持って家の外に出ていく、出張や残業が増える、その他いろいろな兆候がみられます。

しかし、いくら浮気の疑いが濃厚でも、証拠がなければどうにもなりません。その証拠集めのツールとして注目されるのが、入手が簡単な「ボイスレコーダー」です。

ボイスレコーダー以外の浮気証拠の集め方

 

浮気調査にボイスレコーダーは使える?

ボイスレコーダーはとてもコンパクトで、長時間の録音が可能、音がしている時だけ録音できるなど、高機能な録音ツールです。こっそりと隠して録音するのにぴったりでしょう。

このボイスレコーダーを使って浮気の証拠を集めようというわけですが、そのために知っておくべきことがいろいろあります。

まず、やみくもに全ての音声を録音しても証拠にはなりません。有効な証拠になるのはどの音声なのかを知っておく必要があります。さらに、それをどのような方法で録音するのか、そのノウハウも気になります。そして、ボイスレコーダーを使う上でのリスクも是非知っておくべきことです。

そのような事柄を十分理解して上手に利用するなら、浮気調査にボイスレコーダーは使えます。

 

音声データは浮気の証拠になる

ボイスレコーダーで録音したものは、音声のデジタルデータです。そのようなデータが裁判や調停で証拠として採用されるのだろうか?という疑問があるかもしれません。

それから、相手の承諾なしにこっそりと録音したものが、「盗聴した」としてその違法性を問われ、証拠として採用されないのではないかという心配もあるでしょう。

しかし、実際の裁判や調停ではボイスレコーダーの録音データは証拠として採用されています。

確かに、刑事事件の場合では違法な手段で得た証拠は採用されませんが、浮気など民事の場合は必要性に応じて証拠として採用されているのです。

次項から、ボイスレコーダーで入手可能な浮気の証拠の種類について、詳しく解説いたします。

ボイスレコーダーによって入手できる浮気の証拠とは

有力な浮気の証拠を手に入れるなら、次に紹介するような音声を録音するとよいでしょう。

1.性行為の音声

2.親密な会話の音声

3.浮気のために移動した履歴

4.自ら浮気を認める発言

一つずつ詳しく解説いたします。

 

1.性行為の音声

その関係が浮気・不倫に該当するのか、それともただの知人・友人なのか、その違いは「不貞行為」があるかないかです。そして、その不貞行為とは、性行為または性交類似行為(性行為に類する行為)のことを指して言います。

つまり、法的に浮気の証拠となるのは「性行為があったことを確実に証明できる」もので、浮気相手との性行為を録音した音声データは、浮気の証拠となり得るのです。

浮気カップルのさまざまな会話を録音した音声データの中では、比較的強い証拠となりますが、そう簡単には手に入りません。上手いやり方とよい条件やタイミングがそろわなければ、なかなか難しいでしょう。

 

2.親密な会話の音声

浮気している2人の会話を録音したものですが、単に仲がよい様子が録音されていても意味がありません。同じ趣味の仲間として気が合うだけかもしれませんし、よき仕事上の同僚かもしれません。

しかし、2人の間に不貞行為があることをはっきり示すような会話や、不貞行為の最中かもしれないと思わせるような会話なら証拠となりえます。

たとえば「今度は○○のラブホに行ってみよう」とか、過去の性行為を振り返るような発言、性行為に使用される道具などについての生々しい会話があれば、証拠として採用されるでしょう。

ただし、「ふざけてそんな話をしただけで、実際に性行為はしていない。」と言い逃れができる余地があり、証拠としての弱さは否めません。

 

3.浮気のために移動した履歴

ボイスレコーダー自体にはGPSのような、位置情報を発信する機能はありません。しかし、車の中に隠しておくと、車内に取り付けられたカーナビやETCの音を録音してくれます。

浮気相手との会話に加えて、カーナビの音声やETCの音が場所や移動ルートを示す手がかりとなり、どのようなデートコースだったのかがわかる音声データとなります。そして、場合によってはラブホテルなどに到着したことを示す音が録音できる可能性もあります。

ただし、単にデートコースがわかる程度なら、浮気の証拠としては弱いといえます。音声データのみではなく、他の証拠と合わせて、裁判官に「これは浮気しているに違いない。」と思わせることができるかどうか?が重要です。

また、浮気の時によく行くデートコースが判明すれば、それ自体の証拠能力は弱くても、今後の調査をする上での大きな手がかりになります。

 

4.自ら浮気を認める発言

浮気は夫婦関係や家庭の存続を揺るがしかねない事態です。夫婦間での話し合いも行われます。

そんな時、ある程度の証拠を突きつけられると、「もう言い逃れできない」と思ったり、「謝ったら許してもらえる」と思ったりして、衝動的に浮気を認める場合もあるわけです。

しかし、その後になって離婚・慰謝料・裁判という話になってくると、過去の自白から一転、「浮気をしていない。浮気をしたとは言っていない。」と、言った言わないの水掛け論になってしまうこともあります。

録音しておけば、そのような場合に自白した証拠となるので、夫婦での話し合いはボイスレコーダーの録音を開始してから行うとよいでしょう。

 

ボイスレコーダーはどんな場所に隠す?

浮気している2人に気づかれないように、こっそりと録音しなければなりません。そのためには「あれ?これは何だ……。ボイスレコーダーじゃないか!」とバレてしまってはまずいのです。つまり「どこにボイスレコーダーを仕掛けておくのか」が重要な課題となってきます。

そこで、見つかりにくい場所として、具体的にどのような場所に潜ませておくのか、車の中、鞄の中、自宅の3つのポイントについて説明していきましょう。

ただし、相手にバレにくい場所ではあっても、絶対にバレないということはありません。

 

1.車の中

浮気の場合も、恋愛と同様に車でのデートや、ホテルなどへの移動はよくあることです。移動には自家用車が使われることもあります。

車の中では、世間話から今後の予定の話、性行為に関連する話など、さまざまな会話がなされることでしょう。場合によっては車内での性行為の様子など、音声データとしてはかなり有効な証拠を録音できる可能性があります。

また、直接証拠となる会話でなくても、次にいつ会うかなど、今後の浮気調査の手がかりになる話も期待できます。

隠す場所としては、シートの下にテープで貼るなど、集音マイクに干渉しない空間を保ちつつ普段から手にふれないような場所が望ましいでしょう。また、車内に元々置かれていた小さなぬいぐるみなどの小物に細工をして潜ませておくのも方法の一つです。

しかし、ダッシュボードや小物入れなどのような、簡単に開閉できるケースの中はバレる可能性が高いのでやめておくべきです。

 

2.鞄の中

鞄は、自宅から職場まで持って行き、そして帰りに自宅までの道のりを持って帰ってくるものです。ですから、「残業がある」と偽って仕事帰りに浮気相手と会う時には、鞄が必ずそばにあるという強みがあります。それが鞄の中にボイスレコーダーを隠しておきたい理由です。

さらに、鞄はラブホテルの中まで持って入るので、性行為の音声が録音できる可能性があります。

このように鞄はボイスレコーダーを隠しておくのに魅力的な場所ですが、注意すべき点があります。浮気している配偶者が、常に鞄の中を整理整頓する几帳面な人なら、仕掛けたボイスレコーダーが発見される可能性が高いでしょう。相手の性格によってはやめておくべきです。

仕掛けるのは出来る限り小型のボイスレコーダーを使用し、鞄の底板の下、使われていないサイドポケットなど、調査対象が見たり調べたりしない場所に潜ませておきます。

 

3.自宅

性行為が行われるのは、ラブホテルなどの宿泊施設とは限りません。車の中もそうですが、意外に多いのが自宅です。

浮気にはデート代やホテル代など、何かと費用がかかります。サラリーマンだと限られた小遣いで浮気の費用をやりくりしていることもあり、無料で性行為ができる場所として、自宅が使われるケースも多いようです。

仕掛ける場所は寝室、ベッドがあるならベッドの下がおすすめです。また家具の裏側など隠せる場所が多いのでやりやすいはずです。

自宅での浮気の証拠を手に入れるために、ボイスレコーダーを仕込んだうえで戦略的に「子どもと遠方に出かける、あなたは留守番をしていて」といった状況を作るというのも一つの手でしょう。

 

ボイスレコーダーで浮気調査をするリスク

浮気調査のプロが使うような特殊な機器ではなく、ボイスレコーダーは誰でもネットショップやお店で買える家電製品です。また、実際にボイスレコーダーで決定的な浮気の証拠をつかめたという話もあります。

「とりあえずこれでやってみよう。」と手を出しやすいのも事実です。

しかし、始めやすさとは裏腹に重大なリスクもあり、ボイスレコーダーで浮気調査するなら、十分に注意する必要があるのです。

留意すべき3つのリスクをご紹介します。

1.調査がバレる可能性がある

2.プライバシー侵害で有罪になる場合も

3.音声データだけでは裁判で証拠にならない場合がある

一つずつ見ていきましょう。

 

1.調査がバレる可能性がある

ボイスレコーダーで浮気調査が可能なのは、相手が「まさか、浮気を疑っているなんてことはないだろう。きっと何も気がついていないはずだ。」と安心しきっている場合です。

もし、疑われていることを知っていたら、GPSやボイスレコーダーが仕掛けられていないかと警戒されてしまいます。車の中や鞄の中に何か隠されていないか、定期的に点検する可能性があるわけです。

また、警戒していなくてもボイスレコーダーをたまたま発見することで、浮気調査されていることに気がつくケースもあるでしょう。

そのように浮気調査がバレてしまうと、調査をしている側の立場が悪くなるだけでなく、その後の証拠集めはさらに難しくなります。

 

2.プライバシー侵害で有罪になる場合も

刑事事件の場合、違法に集めた証拠(違法収集証拠)には証拠能力はありません。これは国家権力(警察・検察)による違法行為を抑制するためのもので、不貞行為に関する訴訟など民事については 違法収集証拠を排除することは基本的にありません。

浮気のように、バレないようこっそりと行われる行為を立証するためには、相手の許可なく音声を録音することは容認される場合がほとんどです。

しかし、「著しく反社会的な手段」や「人格権侵害を伴う方法」と判断されるような場合は、証拠として認められなかったり、罪に問われるケースもあります。

たとえば、別居中の配偶者の家にボイスレコーダーを仕掛けた場合、住居侵入罪に問われる可能性が高いです。また、配偶者ではなくその浮気相手に対してボイスレコーダーを仕掛けた場合はプライバシーの侵害やストーカー規制法違反などに問われることでしょう。

どこまでなら許容されるかの判断はケースバイケースで、実際には難しいところです。

 

3.音声データだけでは裁判で証拠にならない場合がある

音声データには映像や画像がありません。そのため、「その音声は誰の声なのか」という問題が付きまといます。つまり、浮気している当事者が「それは自分の声ではない。」と言い張ることもできるわけです。

録音された会話の内容から人物を特定できる場合なら証拠として採用される可能性は高まりますが、それでも「自分を陥れるために捏造されたものである。」と主張されたらどうでしょうか。そうなると判決は裁判官の心証にゆだねられるようなことになってきます。

このように、相手が、「その音声は自分と浮気相手の声である。」と認めていなければ、他の証拠と合わせて「不貞行為があった」と認めざるを得ない状況に相手を追い込まなくてはいけません。

 

会話や発言の内容を書き起こした書類が必要に

音声データは「誰の音声なのか、に疑問があると証拠として弱い」という性質に加えて、手続き上の問題もあります。

裁判において、不貞行為の証拠として提出する際には、音声データそのものは受け付けてもらえず、反訳書(音声を文字に書き起こした文章)にして提出することを求められます。

長い会話を聞き取って文章に書き起こす作業は思いのほか大変です。精神的な負担も大きいでしょう。それでも、裁判でその音声データを証拠として認めてもらうためには、どうしても必要な作業です。

 

ボイスレコーダーは入手できても、個人で浮気調査を行うのは危険!

家電量販店に行けばさまざまなボイスレコーダーが売っています。インターネット上を探せばもっと幅広くたくさんの機種が見つかることでしょう。ペンの形をしたものや、高音質で長時間の録音が可能なものもあります。

そんなボイスレコーダーの中から選び抜いて「これならば上手く浮気の証拠を録音できそうだ。」と期待して購入した時点で、もう危険な状況に陥っているのかもしれません。

浮気調査というのは簡単そうに思えて、なかなか難しいものです。ボイスレコーダーを使った浮気調査を自分でやろうとするなら、慎重すぎるくらいに考え抜いて、絶対にバレないようにしなければいけません。

しかし、初めて車に仕掛けてみて見事に浮気相手との会話が録音できたら、調子に乗って必要以上にボイスレコーダーを仕掛けて、やりすぎてバレてしまったり、勢いに乗って「許容されない違法行為」をやってしまう危険があります。

手軽に入手できる道具で素人が浮気調査をやってしまうと、今よりもさらに悪い状況に自身を追い込む結果となりかねないのです。

 

音声よりも写真や動画の方が強力な証拠に

ボイスレコーダーは手軽なのですが、音声しか録れないという点は証拠能力として不利になる場合があります。

相手が「それは自分の声ではない。」と否認し続けた場合、音声データの声が間違いなく相手の声であること”を立証しなければならなくなります。つまり、音声データだけでは弱いのです。

しかし、それが写真や動画だったなら、当日着ていた服や本人の顔までも写っていることでしょう。一目瞭然で誰が写っているのかわかります。

浮気調査は時間との戦いでもあります。限られた時間でより確実性の高い証拠を押さえるには、個人でボイスレコーダーを仕掛けるよりもプロの探偵に写真や動画での証拠を入手してもらうのが一番です。

 

浮気調査ならプロの探偵に依頼しよう

「素人でも仕掛けやすい」、「プロ用の機材ではなく家庭用で簡単に手に入る」、そんな理由からボイスレコーダーで簡単に証拠が得られそうに思いがちです。しかし、リスクは意外にも大きいのです。それに、証拠を上手く得られたとしても、音声データだけでは決定的な証拠にはならないでしょう。

もし、ボイスレコーダーを仕掛けて、次の浮気の日時など有用な情報が把握できたら、それ以上深追いをせず、探偵にその日時の浮気調査を依頼するとよいでしょう。たった1回の調査で決定的な証拠が得られる可能性があります。

 

浮気調査なら「アルシュ探偵事務所」へご相談ください

ボイスレコーダーで浮気の証拠をつかんだという話は、ネット上でよく見かけます。

それは一見簡単そうに思えますが、浮気調査していることがバレてしまうリスクと、うっかり違法行為をやってしまい、自身が罪に問われる可能性があります。

やはり、浮気調査は専門性の高いもので、素人がやるには難しいのが実情です。その道のノウハウと知識をもった探偵に依頼するのが一番確実でしょう。

浮気調査に関するお悩みなら、千葉県船橋市の総合探偵社、アルシュ探偵事務所にご相談ください。

アルシュ探偵事務所の大きな特徴は、調査にあたる探偵が全員ベテランの元刑事であるということ。元刑事としての優れた調査力を生かし、裁判や調停で有効な証拠集めと報告書作成ができます。もちろん、ご予算や相場に見合った調査を実施いたしますので、料金の面でも安心です。

初めてのご依頼、不安なことが多いかもしれませんが、安心してお任せください。

アルシュ探偵事務所ではご依頼主の問題、お悩みの解決を一番に考え、調査いたします。

 

関連記事

船橋本店
船橋市本町6-2-10-609
詳しくはこちら
千葉支店
千葉市中央区弁天1-15-3 B1F-13
詳しくはこちら
柏支店
柏市北柏1-5-3-401
詳しくはこちら
“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP