こんな探偵に要注意!知っておきたい違法・合法ガイドライン

違法 合法 イメージ

配偶者の浮気調査や、行方不明者の人探しなどの調査を行う「探偵」。

街中の広告や、探偵事務所の看板などを見かけたことがある方は多いでしょう。

しかし、実際に調査を依頼したことがあるという方はそう多くないはずです。

 

そもそも、探偵が行う調査行為に対して、「違法なのでは?」という疑いを持ってしまうこともあるのではないでしょうか。

いつ何時、自分が探偵に調査を依頼する立場になるかわかりません。探偵の調査行為と法律の関係について、正しい知識を持っておきましょう。

 

探偵の調査行為って、違法にならないの?

探偵事務所や興信所では、

  • 浮気・不倫調査
  • 素行調査
  • 行方不明者などの人探し

といった依頼を受け付けています。

 

これらの調査は主に、

  • 尾行
  • 張り込み
  • 聞き込み
  • インターネット追跡

といった方法で行われます。

 

これらの調査をプロの探偵ではなく一般人が行って、万が一ターゲットに知られてしまったら、ストーカー規制法などに抵触してしまう可能性があります。

しかし、探偵ならこれらの調査行為を法律に準拠して、合法に行うことができるのです。

 

これには「探偵業法」という法律が大きく関わっています。

「探偵業法」という法律がある!

探偵業法とは、正しくは「探偵業の業務の適正化に関する法律」という名称で、探偵による調査行為を保護するために制定されました。

この法律の中で、行っていい調査と行ってはいけない調査も定められています。

 

探偵には、国家資格や国家試験がありません。そのため、「誰でも探偵という職業になれる」と思われがちですが、実際には探偵法という法律に即して調査を行う必要があり、それを国家公安委員会と約束する届出の提出が求められます。

 

公安に届出を提出している探偵社は合法

国家公安委員会に届出を出している探偵による調査なら、違法にならないと言えます。

探偵に調査を依頼する場合は、きちんと公安に届出を出している探偵事務所を選びましょう。

その見分け方は、公安から発行された「探偵業届出証明書」を事務所の目につくところに掲示しているか、という点です。見当たらない場合は、直接探偵に聞いてみましょう。適当にはぐらかされたり、探偵業法の届出について話したがらない探偵は違法で事務所を構えている可能性があります。

探偵の尾行や張り込みがストーカー行為にならない理由

一般人が、他人の後をつけたり無断で写真を撮影するといった、行動を監視する行為をすると、プライバシーの侵害やストーカー規制法といった罪に問われることがあります。

しかし探偵は、あくまでも「探偵業法」にのっとって、仕事として尾行をしているのでストーカーになりません。

 

犯罪としてのストーカー行為の定義は、特定の相手に対する恨みや恋愛感情によるつきまといが繰り返されることです。探偵は感情ではなく、仕事として尾行や撮影をしていることが証明できるため、ストーカー行為にならないのです。

 

実際の探偵が張り込みによって証拠を掴む調査事例はこちらをご覧ください。

違法行為として問われてしまう調査行為とは

違法 逮捕

探偵の調査行為は法律で守られているから何をやってもいい!というのは大きな誤解です。

きちんと届出を出している探偵であっても、法律に抵触するためできない調査というのはあります。

ここでは、どのような調査が違法になってしまうのかをご紹介いたします。

1.差別目的での素性調査

素性調査で多いパターンは、「結婚相談所やマッチングアプリで知り合った相手の素性を調べてほしい」といった依頼です。

結婚詐欺や、恋愛感情を利用して多額の投資などをさせる「ロマンス詐欺」が横行している現代ですから、これから交際を続けて結婚をしていい相手なのかを探偵に調査してもらう場合もあるでしょう。

しかし、ここで重要なのは「素性調査をする理由」です。

ターゲットの「婚姻歴・借金の有無・学歴や職歴・人柄と評判・異性関係」なら、探偵は合法で調査できます。

しかし、

  • 特定の地域出身かどうか
  • 親が他国出身で、帰化していないか

このようなことを知るための素性調査は、差別を助長するとして日本国憲法に反する調査となってしまうため、探偵は調査を行いません。

2.盗撮・盗聴(内容による)

探偵は主に、尾行や張り込みによってターゲットの情報を得ます。そして決定的な証拠は、カメラでの撮影やレコーダーによる録音によって掴みます。探偵が使う撮影道具にはさまざまな工夫をこらしています。

しかし、これは盗撮や盗聴に当たらないのか?と気になる方もいるでしょう。

探偵が調査として行う撮影や録音は全て合法、というわけではありません。この問いかけに対する答えは「調査方法や内容による」となります。

例えば、ターゲットと浮気相手がラブホテルに入るところを撮影することは違法ではありません。ラブホテル前の公道は公共の場であり、撮影自体が許されない場所ではないためです。

ただし、依頼人以外の第三者の私有地内を撮影したり、第三者の所有物に録音機器を仕掛けるといった行為は違法になります。

 

探偵による調査行為の違法・合法のボーダーラインは、「依頼人の許可があること」と「依頼人以外の第三者の私有地・所有物を侵さないこと」であると言えます。

 

3.私有地まで踏み込む尾行(不法侵入)

②でご紹介した内容の補足になりますが、尾行の過程で私有地に踏み込む行為も、不法侵入の罪に問われるため違法となります。

きちんと法律を守って調査を行う探偵なら、踏み込んでいい場所と悪い場所を正しく判断します。これも優れた探偵のスキルのうちです。

車で尾行をする場合も、交通ルールを守って追跡をします。逆に警察騒ぎを起こしてしまうと、ターゲットに調査がバレるきっかけとなりかねません。

 

中には法律違反の悪質な探偵事務所も……

探偵事務所によっては、高額な依頼料で素早く証拠を掴むために、違法行為も平気で行う悪質な業者がいます。

確かに、手早く成果を上げることができるかもしれませんが、いざ裁判となった時に証拠を入手したルートが違法行為であることが明らかになると、不利な立場に追い込まれる可能性があります。

配偶者の浮気行為によって冷静な判断ができない状態になると、「どんな手を使ってでも証拠を掴んでくれ」と依頼したい気持ちになるかもしれません。しかしそれは最終的に自分を苦しめる結果となってしまうことを理解しましょう。

 

では、どうすれば良い探偵事務所を見分けることができるのでしょうか?

良い探偵事務所の見分け方

悪質な探偵事務所もあれば、良心的かつ優秀な調査員を保有する探偵事務所もあります。

探偵に調査を依頼する際に、違法行為をはたらく心配が無く、安心して調査を任せられる探偵事務所かどうかを見分ける方法をご紹介します。

探偵業届出証明書を確認する

冒頭でも少し説明しましたが、国家資格がない探偵業にとって「探偵業届出証明書」は免許のようなものです。

依頼をする際には必ず、探偵業届出証明書を確認するようにしましょう。

また、契約や相談で使用した書類は捨てずに全て保管することをおすすめします。万が一、調査によって法的トラブルが発生した時に有効な証拠となるためです。

盗撮・盗聴は依頼内容によって断る

調査依頼をする際に、違法なラインの調査手段を相談されたら、「それは法律上の問題があるため調査できません」ときちんと断る探偵事務所なら信頼できます。

こっちがお金を払ってるのに断られた!と腹を立ててはいけません。むしろ、「ちゃんと法律に準拠した調査を行っているのだな」と評価することができます。

もちろん、ただ断るだけではなく、合法で調査ができる別の手段を提案してくれるはずです。違法・合法の判断も含めて、調査に関するヒアリングや相談を丁寧に行ってくれる探偵事務所なら安心でしょう。

「探偵に断られたから自分でやる」は絶対NG!

ここで気をつけたいのは、「違法な調査を探偵に断られたから自分でやろう」という危険な考えに陥らないことです。

今では、ネット通販で盗撮用の小型カメラや盗聴器が簡単に手に入る時代です。今すぐ、配偶者の浮気を暴いてやりたい!という気持ちが焦るあまり、素人による調査に手を出してしまうことは絶対にやめましょう。

探偵は、探偵業法という法律を守っていることだけではなく、探偵としての高い調査スキルとノウハウがあることで調査が成り立っています。素人が探偵の真似をすると、ターゲットに調査がバレる可能性が非常に高く、しかもそれが違法な手段であったら犯罪者にもなり得ます。高いリスクは取らず、プロの探偵事務所に依頼するのが一番です。

 

浮気調査は法律に準拠した探偵事務所に任せて安心

探偵 イメージ

配偶者の浮気、不倫を疑ったら、半端な調査行為を行うよりも探偵事務所にすぐ相談をすることをおすすめします。

まずは無料の相談やカウンセリングを受けて、信頼できる探偵かどうかを確認すると良いでしょう。

 

浮気の証拠を探偵によって掴まれてしまったターゲットが、「そもそも無断で調査されたことがプライバシーの侵害だ」「ストーカー行為で訴えてやる」と逆上するのではと不安に思うかもしれません。

しかし、浮気自体が「配偶者以外との不貞行為」として民法に反する行為です。法的に有効な証拠を利用して、慰謝料などの損害賠償請求を行う目的で調査をするのであれば、浮気調査は問題になりません。

 

まとめ

探偵による調査は違法か、合法かについて詳しく解説いたしました。

探偵は探偵業法という法律を守って調査を行うという約束を公安と取り交わしており、それによって尾行や張り込みを行っています。調査の方法によっては法律違反となるため、依頼自体をお断りする場合もあります。しかし、できない調査はできないときちんと断ってくれる探偵事務所こそ、信頼して調査を依頼できるとも言えるでしょう。

 

浮気調査に関するお悩みなら、千葉県船橋市の総合探偵社、アルシュ探偵事務所にご相談ください。

 

アルシュ探偵事務所の大きな特徴は、調査にあたる探偵が全員ベテランの元刑事であるということ。元刑事としての優れた調査力を生かし、裁判や調停で有効な証拠集めと報告書作成ができます。もちろん、ご予算や相場に見合った調査を実施いたしますので、料金の面でも安心です。

初めてのご依頼、不安なことが多いかもしれませんが、安心してお任せください。

アルシュ探偵事務所ではご依頼主の問題、お悩みの解決を一番に考え、調査いたします。

 

アルシュ探偵事務所の無料相談窓口はこちら

 

関連記事

  1. 浮気調査 情報
船橋本店
船橋市本町6-2-10-609
詳しくはこちら
千葉支店
千葉市中央区弁天1-15-3 B1F-13
詳しくはこちら
柏支店
柏市北柏1-5-3-401
詳しくはこちら
“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP