探偵によるラブホテルの張り込み、その調査方法とは?素人にはできないテクニックをご紹介

夫が、妻が、浮気をしているのでは?と感じた時。あなたはどうしますか?

決定的な証拠はないものの、不倫や浮気の疑惑を確実にしたい、そんな時頼りになるのは探偵です。探偵なら、高い調査スキルで法的にも通用するはっきりとした証拠をつかんでくれます。

 

有効な証拠の一つ、それはラブホテルへ出入りする瞬間の写真や動画です。そのためにラブホテルへの張り込みは欠かせません。

この記事では、探偵のお仕事としてのラブホテルの張り込みについて、その有効性や調査方法、素人でもできるのかなどを具体的にご紹介していきます。

 

探偵の仕事で多いのはラブホテルの張り込み

探偵は様々な方面で活躍しています。素行調査、家出人などの人探し、そして代表的なのが浮気・不倫調査です。

怪しげな領収書がある、妙におしゃれになった、残業や出張が増えて家にいる時間が減った、トイレにスマホを持って入る、電話がかかってくると外に出かける、このような怪しげな行動が見られても、疑うには十分ですが決定的な証拠にはなりません。

必要なのは浮気の現場を押さえること。そこで、浮気や不倫で利用されるラブホテルを張り込んで、決定的な証拠をつかもうというわけです。つまり、浮気や不倫の調査では、ラブホテルでの張り込みが最も重要な仕事となります。

浮気・不倫調査の依頼は比較的多く、ラブホテルの張り込みはほぼ必ず行うので、探偵の仕事の大部分を占めていると言えるでしょう。

 

なぜ張り込みが効果的?

浮気・不倫調査の手段には様々な方法があります。例えば、聞き込み調査も手段の一つです。

対象者の同僚や、浮気相手の周囲の人々に聞き込みをします。しかし、これには聞き込みをした相手から当事者に、“調査されている”という情報が伝わってしまう危険があります。そのため、ほとんど使われません。

また、調査対象の尾行も行われます。浮気・不倫調査には、この尾行がもちろん必要ですが、これだけでは証拠が得にくいのが実情です。決定的な証拠をつかむためにはラブホテルでの張り込みが重要となってきます。それによって決定的な現場写真などが撮影できるからです。

 

現場写真が浮気・不倫の法的証拠になる

聞き込み調査で浮気や不倫についての話を得ても、法廷で証言してもらえなければ、証拠能力がありません。また、探偵が尾行して浮気しているところを目撃したと証言しても、法廷では客観性や信ぴょう性に欠けると判断される可能性があります。

法的に通用する証拠を得るためには、ラブホテルでの張り込み調査が欠かせません。浮気現場の写真を撮影、映像を録画したものが、客観的で法的にも通用する証拠となるからです。

自分で調べた“対象者の怪しげな行動”は状況証拠になりえても、残念ながら決定的な証拠にはなりません。しかし、浮気現場の写真や映像はとても有力な証拠です。

ただし、素人が自分で張り込みを行って、その現場を撮影するのはまず無理です。その理由は後に紹介しましょう。これはプロに任せるべき仕事なのです。

 

ラブホテルであることが重要

調査対象者と浮気相手がホテルに入る現場を撮影しても、必ずそれが決定的証拠となるとは限りません。ホテルには旅行で利用するリゾートホテルや都市部のシティホテル、ビジネスホテルなど、様々なタイプがあります。それらは本来、浮気や不倫が目的のホテルではありません。

シティホテルなどでは、その内部にレストランやパーティー会場、結婚式場、その他施設が複合されていることが多く、ホテルに入った目的を特定するのが難しいです。対象者と浮気相手が、同じ部屋に1時間以上過ごしていたことを証明するために、「二人一緒に受付カウンターで一つのカギを受け取った」「同じ部屋に入ったところ」など、浮気や不倫を立証できる映像でなければいけません。

ところが、ラブホテルの場合は、客観的に利用目的はあきらかです。対象者と浮気相手が一定時間入っていたことを示せれば、十分な証拠となるわけです。

 

調査方法・流れ

ラブホテルでの張り込み調査は、どのように行われるのでしょうか。また具体的に何をするのでしょうか。

ここでは、実際の調査方法と流れをご紹介いたします。

 

  1. ホテルの特定
  2. 張り込み場所を決める
  3. 対象者と浮気相手が出入りする様子を撮影
  4. 日時の詳細な記録を残す

 

一つずつ詳しく解説していきます。

1.ホテルの特定

ラブホテルは世の中にたくさんあって、どのラブホテルが浮気や不倫の現場になるのか、特定されていなければ、張り込み調査は不可能です。

場合によっては、調査する前からラブホテルのレシートや会員証が見つかっていることもあります。普通は、そのような痕跡は見つからないようにしているでしょう。しかし、ポケットに入れたままうっかり忘れていることがあるのです。その場合は、当然のことながらそのラブホテルが浮気や不倫に利用されている可能性が高いとみられます。

また、どこが浮気の現場なのかわからない場合は、それを特定するために尾行調査などが行われます。

 

2.張り込み場所を決める

どのラブホテルなのかが判明したら、具体的な張り込みの準備に入ります。その際に、最も重要なのは張り込み場所です。

ラブホテルはそれぞれ出入口の形が様々です。また、出入り口前の道路事情も違います。そのため、カメラの設置場所やスタッフの配置が、ラブホテル周囲の事情に合わせて決定されるわけです。

この判断を謝ると、調査や撮影をしようとしていることがバレてしまう危険性もあるので、探偵の経験や技術がものを言う場面です。

 

3.対象者と浮気相手が出入りする様子を撮影

張り込む場所や配置が決定されたら、いよいよ張り込み開始です。

ここでの目的はもちろん浮気や不倫の証拠となる写真や映像を撮影することです。しかも対象者と浮気相手が誰なのか特定できるように、顔がはっきりと写ったものを撮影します。そのためには探偵の高い技術と高性能な機材が必要です。

ちなみに、ラブホテルの場合は、そこに出入りした証拠となるもので十分です。特定の利用目的で使われるラブホテルですから、浮気や不倫を立証できる有力な証拠として法廷でも認められます。

 

4.日時の詳細な記録を残す

対象者と浮気相手がラブホテルに出入りした写真や映像が撮影できたとしても、「間違えて入ったのですぐに出た」などと言いつくろうこともできます。

そのような言い逃れを許さず、証拠能力を決定づけるためには、何月何日の何時何分からどれくらいの時間、ラブホテルに滞在したのかを示す必要があるわけです。

そのため、日時を記録するとともに入ってから出るまでの間、ノンストップで動画を撮影し続けて、時間の経過を証明することも行われます。

 

素人による調査はデメリットが多い

浮気や不倫の証拠をつかむ方法がわかったとして、「そのやり方なら自分でもできるのではないか」と思うかもしれません。その方が費用が安く済み、メリットが多いと感じるでしょう。

ところが、それはとてもリスクが高いのでおすすめできません。

このような調査を素人がやると、法に抵触してしまう可能性があります。ストーカー規制法違反や住居侵入罪に問われる場合があるので要注意です。その後には、さらなる状況悪化が懸念されます。

 

一般の方が浮気調査を行った場合のデメリットと、発生しがちな失敗をご紹介いたします。

 

1.見慣れた車や服装によって警戒されてしまう

素人が自分で調査をする場合、調査専用に自動車やバイクを新たに購入する人はいないでしょう。また服装を含めてバレないように変装するでしょうか。

浮気や不倫をしている人が浮気相手と会う時には、周囲に誰が知っている人がいないか、見られていないだろうか、このようなことを常に気にしています。そのため、配偶者が尾行しようものならバレてしまう可能性が高いのです。

その点、探偵なら全く知らない人であり、普段から馴染みのある自動車やバイクではないので、調査が行われていることに気づかれる危険性は少なくなります。

 

2.カメラの性能によってチャンスを逃してしまう

スマホに付いているカメラ程度ではダメだろうと、家電店で性能のよいカメラを購入したとします。「これで浮気現場を撮影すれば証拠をつかめる」と考えても、それは失敗するでしょう。

浮気現場を撮影するのは夜が多く、撮影できたとしても暗くてよくわからない映像になってしまうことがほとんどです。また、人物が特定できるように顔がはっきりとわかる映像が必要です。

探偵はこの道のプロです。現場の撮影に必要な機材が整っています。しかも技術も身につけています。バッグにカメラを忍ばせて至近距離から撮影したり、高性能な暗視カメラや超望遠レンズを駆使して撮影することで、証拠の獲得に成功しています。

撮影のチャンスは、何時間も待機してほんの数秒しかなく、強い気力と体力が必要です。素人が真似をするのはとても難しいでしょう。

 

ラブホテルでの浮気調査はプロの腕の見せ所

一般人がやり方を知って、自分で調査をしようとしてもやはり無理があります。

バレないようにマイカーは使わず毎回レンタルする、服装も含め変装して行う、電車に乗ったりタクシーに乗ったりに対応して尾行する……これらの調査は映画やドラマのように簡単ではありません。実際に行動に移した際に大変さがわかります。

自分で調査をするにしても、証拠をつかむためにはそれなりの機材が必要で、買いそろえればかなり高額な出費となるでしょう。しかも、スタッフを必要な数揃えたり、徒歩での尾行に自動車やバイクでの尾行と臨機応変に追跡するのはかなりの技術が求められます。

さらに、自分で写真が撮影できたとしても、日時、場所を特定した「調査結果報告書」が無ければ裁判での証拠として認められないことが多いというハードルもあります。

 

もし自分で調査をしてバレてしまったら、家庭内はいっそう険悪なムードになり、場合によっては暴行事件へと発展するかもしれません。また、実は調査がバレていて、巧妙に不倫や浮気を隠蔽されることもあります。

それなら、プロに任せるのが一番確実でしょう。数々の浮気調査を行ってラブホテルに出入りする証拠映像をたくさん撮影してきています。またそれぞれの探偵事務所にとっても、ここが腕の見せ所と言えるでしょう。

 

浮気調査なら「アルシュ探偵事務所」へご相談ください

ここまで、探偵が浮気や不倫調査で行うラブホテルでの張り込みについて紹介してきました。

浮気や不倫の決定的証拠として、ラブホテルへの出入りを撮影することが有効です。

しかも、ホテルにもいろいろあるなか、ラブホテルが最も現場の証拠として望ましいといえます。浮気調査のやり方がわかったとしても、素人が簡単に真似できるものではありません。プロである探偵事務所に依頼した方が確実です。

 

浮気調査に関するお悩みなら、千葉県船橋市の総合探偵社、アルシュ探偵事務所にご相談ください。

アルシュ探偵事務所の大きな特徴は、調査にあたる探偵が全員ベテランの元刑事であるということ。元刑事としての優れた調査力を生かし、裁判や調停で有効な証拠集めと報告書作成ができます。もちろん、ご予算や相場に見合った調査を実施いたしますので、料金の面でも安心です。

初めてのご依頼、不安なことが多いかもしれませんが、安心してお任せください。

アルシュ探偵事務所ではご依頼主の問題、お悩みの解決を一番に考え、調査いたします。

 

関連記事

船橋本店
船橋市本町6-2-10-609
詳しくはこちら
千葉支店
千葉市中央区弁天1-15-3 B1F-13
詳しくはこちら
柏支店
柏市北柏1-5-3-401
詳しくはこちら
“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP