センスが大事

一言で、センスと言っても色々な事柄についてそれぞれのセンスがあると思います。単にセンスと聞く洋服のセンスであったりと美的な感覚のものと直結しがちになりますが、そもそもセンスとは1物事の漢字や味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚、また、それが具体的に表現されたもの。2判断力。思慮。良識という意味合いがありつまりは人間の五感の作用を物事によってフルに使うという意味合いがあるのです。その意味を例えばテレビに出演しているタレントさんなんかで言えば、その時々で見ている視聴者を笑わせたり、感動させたり、感心させたりと映像だけでは伝わらない部分をしっかりと伝えるための言葉選びのセンスというのが重要になってくるのではないでしょうか?

となると、千葉県船橋市の総合探偵事務所アルシュにとってどんなセンスが必要になってくるのか?という話です。探偵さんにとってのセンスは何なのか?

1 クライアントの希望している調査事項を面談や打ち合わせの際に感じ取り、しっかりとすり合わせることのできるセンス

2 依頼された調査の項目により、必要な証拠、必要な情報を集めるセンス

3 調査が終わった時にクライアントが満足できる調査結果を渡すことのできるセンス

ということになります。また、調査中においては、例えば浮気調査であった場合にどんな写真や動画を撮影すれば浮気の証拠として立証が出来るのか?浮気している者が浮気相手とどのような行動を取るのか?食事に行くのか?ホテルに行くのか?を経験値から見出すこと、浮気調査の対象者の行動をしっかりと事案ごとに分析できること等々がとても重要なセンスという事になります。もしもこのセンスが欠けていたら・・・浮気調査で浮気している二人を追いかけているのに

と浮気しているかどうかわからない写真を撮影するのではなく

浮気している二人がしっかりとカップルとして交際している事が見てわかるような写真を撮影するセンスという物が問われてくるわけです。こういった写真を浮気の証拠として撮影することが出来なければ探偵事務所としてのセンスが問われてしまうし、これがクライアントニーズになってくるわけですね。

では、このセンスをどこで感じればいいのか?という疑問になりますが、これはやはり浮気調査の依頼を受ける前の面談や打ち合わせ時にじっくりとクライアントとの打ち合わせを行った上で、クライアントの気持ちを汲み取ることも大切ですが、何より数多くの浮気調査の現場においてその都度調査の出来を検証しておくことで、技術としてその都度蓄積していくことが大切なのです。また調査を実施する前には調査員同士で必要な浮気の証拠や調査の流れを綿密に打ち合わせをすることで意志の疎通を図ることで、センスの高い調査員の感覚を他の調査員にも植え付けていくことが大切なのです。

そういった日々の努力が、しっかりとした調査結果をお渡しできる探偵事務所の秘密かもしれませんね。

千葉県船橋市の総合探偵事務所アルシュでは皆様からの相談をいつでもお待ちしております。

春もお試し調査プラン継続中!

迅速調査対応地域

【千葉県】千葉市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・柏市・流山市・松戸市・八千代市成田市・白井市
【埼玉県】さいたま市・越谷市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市・朝霞市・吉川市・新座市

関連記事

“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP