トラブルが大きくなる

やはり、交際を巡るトラブルというのは無くならないようです。

というのも、交際相手の男性と口論になり女性が包丁で男性を刺すという事件が起きてしまったようです。刺されるほど誠実で無いことを女性に対してしてしまったのか?それとも一方的に別れ話を切り出して、別れることを押し通してしまったのが納得いかなくて刺してしまったのか?という事になるのでしょう。

いずれにしても、交際中のトラブルから女性側が男性に危害を加える時には別れ際に発生することが多いのですね。もちろん、その逆で男性が女性を刺してしまうという事件も起きるのですが、女性が男性を刺すというのはニュースとしても驚きの出来事です。物騒な世の中になったものですね。

ここで問題になってくるのが、別れ方という事でしょうか、ここが重要なポイントになってくるのかもしれませんよね?特に交際という関係性がまだ若くどちらも独身という事であれば大きな問題になることはないのですが、男性側が妻子持ちで、女性側がシングルマザー、30歳位だったりしたら・・・別れるのも一苦労ですよね。なぜ別れるのに一苦労するかというと・・・このくらいの年齢の人が浮気相手だった時に、もちろん女性側も交際開始直後というのは自分自身が浮気相手であり2人に将来が無いことは理解して交際しているのです。しかしこういった二人が交際を続けていくと基本的には相手の良いところ(都合の良いところ)しか感じることなく関係が続くので、次第にお互いの存在を共依存してしまうのです・・・。すると女性側はもう、私にはこの男性しかいない、きっといつか奥さんとは離婚して私と再婚してくれる、本当は私とずっと一緒に居たいはずなんて思い始めてしまうとともに、浮気している男性側も自分自身には妻も家族も居るのに浮気相手の女性に対して都合よく、将来的に結婚するような話、妻とは離婚するような話を浮気相手の女性を繋ぎ留めておくために話してしまうのですよね・・・。その言葉を嘘だとは思いながらも浮気相手の女性は信じてしまうのです。

その結果、次第に浮気相手の女性が結婚を迫るよな話をしたり、肉体関係の中において避妊をしないようにしてみたりと沢山のトラップを仕掛け始めるのです。そのころには既に浮気している男性の妻には夫が浮気している事はほぼバレている状態になり、完全にばれるまでは時間の問題となるのです。ここで無理矢理問い詰めたりすると・・・浮気相手との関係を無理に終わらせようとしてしまう事から、浮気相手が別れてくれずにトラブルになり、やがて事件に発展していくという事になるのですね・・・。恐ろしい話です。

では、このトラブルを起こさないようにするためにどうすればいいのか?という話にもなりますが、浮気している男性が浮気相手に別れを切り出すとなると・・・よっぽどうまく別れない限りは、何らかの仕返しの暴挙に出てくることがあるので、奥さん側からの対策としては浮気の場面の確実な証拠、浮気相手の存在、浮気相手の人物像等々について証拠化しておくとともに、浮気相手の女性に対しての損害賠償請求という手段が好ましいと思います。しっかりと代理人を立てることによって感情的な論争無しにしっかり浮気していた者同士の関係性を解消するための交渉を行ってもらえます。当事者同士でももちろん出来ないことは有りませんが私は個人的にはお勧めできません・・・。当事者同士にはお互いの感情がもちろん残っているのでどんなに頑張っても少なからずとも感情論になってしまいますからね。他人が感情論を抜きにしてしっかり対応してもらえるのがトラブルの解消方法でもあり、確実に浮気を辞めさせる方法の一つかと思います。

千葉県船橋市の総合探偵事務所アルシュでは皆様からの相談をいつでもお待ちしております。

春もお試し調査プラン継続中!

迅速調査対応地域

【千葉県】千葉市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・柏市・流山市・松戸市・八千代市成田市・白井市
【埼玉県】さいたま市・越谷市・三郷市・八潮市・草加市・春日部市・朝霞市・吉川市・新座市

関連記事

“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP