浮気(不倫)の結末⑤・・・アルシュblog

おはようございます。

千葉県の総合探偵事務所アルシュです。

uwakilink2

様々な方から相談やご依頼を受けていますが、相談の内容は「夫・妻の浮気(不倫)」「彼氏・彼女の結婚前調査」「浮気相手を撃退するための証拠集め」等々さまざまです。

離婚をするための証拠が欲しい!!!

という方もいますが、相談当初には

・離婚はしない

・浮気をやめさせる証拠が欲しい

・浮気(不倫)相手を撃退(ぶっ潰す)

という選択肢の中で思い悩んでいる方が多いのだと改めて感じています。

縁があって結婚したわけです。

離婚だけがすべての解決法にはならないということを相談者や依頼者の皆さんはよくわかっているのですね。

もちろん、相談当初

・離婚のための証拠が欲しい

と言っていた方についても、その半数程度の人は、実際には離婚はせず、掴んだ証拠で不倫(浮気)相手をしっかりと撃退して、夫や妻との再出発をされている方がいます。

私自身も離婚することがすべての解決だとは思っていないので、そのほかの方法で解決していくためのアイデアとして

浮気(不倫)の結末

について少しずつ書き溜めていこうと思います。

浮気(不倫)の結末⑤

浮気(不倫)相手に依存している結末

浮気(不倫)相手が旦那さんや奥さんに依存している恋は、いつまでもあなたの旦那さんや奥さんのことを思っています。

このように依存しやすい人だと、たとえ浮気(不倫)だったとしても、いつまでもあなたの旦那さんや奥さんの事を忘れられず、何も進まないまま婚期を逃したり、大切な出会いのチャンスをなくしています。

そのまま忘れてくれればいいのですが・・・・

なかなか忘れてくれないから依存してしまうのです。

それが、やがてストーカーまがいの事になってしまうことなんて結構ざらにあるんです。

ストーカーになんてなってしまったら、旦那さんや奥さんにもですが、それよりもその大事な家族に危害を加えかねない状況になんてこともありますよね。

傷害事件になってしまっているようなこともあるようです。

もし、そうなれば、今までのところで、今までのように暮らすなんてことが難しくなってくるかもしれません。

平穏無事な生活をするためにも、火種が小さいうちにしっかりと対策しておくことが必要なのではないかと思います。

浮気(不倫)相手を擁護するわけではありません

決して浮気(不倫)という行為が認められるような行為ではありませんが、その浮気(不倫)相手にも感情という物があるので、あまりにも酷いことをすると、逆恨みされるなんてことも依存体質の人が多いので結構あることだと思います。

感情的に解決するのではなく、あくまで、証拠をそろえ冷静に処理していくことできっと良い方向に進むのではないかと思います。

大事なパートナーが戻ってくるだけではまだまだ終わりにはなりません。

今後の火種になりそうな浮気(不倫)相手をしっかりと潰していく必要があります。

千葉県船橋市の総合探偵事務所アルシュまで遠慮なく相談していただければと思います。

#浮気 #離婚 #浮気相手撃退 #探偵 #不倫 #浮気予備軍 #浮気症 #離婚裁判 #浮気証拠 #不倫証拠 #不倫撃退 #浮気防止 #不倫防止 #裏工作 #口裏合わせ

sidecon