有効ではない浮気の証拠③・・・アルシュblog

おはようございます。

千葉県船橋市の総合探偵事務所アルシュです。

sidecon

様々な方から相談やご依頼を受けていますが、相談の内容は「夫・妻の浮気(不倫)」「彼氏・彼女の結婚前調査」「浮気相手を撃退するための証拠集め」等々さまざまです。

浮気で考えた場合・・・浮気が本気になる

なんて話は、よくあることで浮気が本気になる前に早期に解決する必要があります。

パートナーの浮気を疑い、やがて確信になり・・・確固たる証拠を確保するために

・メールのやり取り

・LINE

・写真

等々を集めるのだと思います。

しかし、残念ながら実際の裁判では、証拠として認められないことが多くあるのです。

基本的に浮気の証拠として認めてもらうには

・肉体関係を証明できるもの

・肉体関係を十分に推察できるもの

であることが必要になってくるのです。

・有効ではない浮気の証拠③

ホテルに宿泊した領収書

 

・ラブホテルのスタンプカード

・ビジネスホテルの領収書

等々を相談の際に持ってこられる方も多くいます。

もちろん相談の際に証拠として持ってこられるということは、皆さんがパートナーと行った記憶の無いラブホテルや、温泉宿やビジネスホテルのダブルルームだったとしても・・・残念ながら、これだけでは不貞行為の証拠と認められるのかというと現実はなかなか認められずに悔しい思いをされた方もいるのではないかと思います。

やはり、今まで書き溜めたものと同様に

・いくらでもいいわけが出来る

という点が大きくなってくるのです。

いままでに、私自身が聞いた言い訳としては

・営業の仕事に疲れて、急遽ラブホテルに一人で入り、休憩をした。

・パートナーとの関係に悩んで、一人でホテルに泊まろうと思ったけど、ダブルルームしか空いて無かった。

・仕事で行き詰って、気晴らしに温泉に行った。

等々、これだけの証拠を突きつけられても、みんな苦し紛れに言い訳をしているにも関わらず、その言い訳が通ってしまい証拠として認められないということは結構あるんです。

やはり、そこで証拠の論点になりやすいのが

・肉体関係があったか、無かったのか?

ですね。

セックスの現場を証拠写真として撮影するのは、なかなか難しいところですし、その現場を撮影したものを証拠として、他人の裸を公開するなんてことがあったら・・・

・みなさん自身がプライバシー云々で訴えられる

なんてことも起こりかねないです。

やはり、

・誰が見ても

・言い訳をしたって

肉体関係が十分に推測できる証拠写真が複数枚あれば、状況は変わってくるでしょう。

ラブホテルのスタンプカード1枚しかない状況よりも

同じ相手と

・ラブホテル

・ビジネスホテル

・休日のデート

・温泉旅行

等々証拠になる写真が複数枚あれば、その状況は大きく変わってくるものだと思います。

浮気は必ずバレます

根気強く頑張りましょう。

今後の火種になりそうな浮気(不倫)相手をしっかりと潰していく必要があります。

千葉県船橋市の総合探偵事務所アルシュまで遠慮なく相談していただければと思います。

https://arche-rs.com/(アルシュホームぺージ)

http://saitama.arche-rs.com/(アルシュさいたまホームページ)

http://uwaki.arche-rs.com/(浮気調査専門サイト)

uwaki (3)500

関連記事

“問題が大きくなる前に”
どんな小さなことでもご相談ください
PAGE TOP